« とりまる@本蓮沼 ~ ワンタンメン(醤油細麺) | トップページ | GOTTSU@練馬(2) ~ (魚介鶏豚骨系)らーめん »

2017.12.08

【祝】山田直輝選手、湘南ベルマーレへの期限付き移籍から復帰

・昨日、湘南ベルマーレへの期限付き移籍していた山田直輝選手の復帰が公式発表されました。既にスポーツ紙で「復帰濃厚」と報じられていましたが、それが現実になりました。

・直輝は2015年からなんと3年の長きにわたって湘南へレンタルに出されました。湘南へレンタルに出された時点でもはや若手ではなく、経験を積ませるために長期レンタルに出すような歳ではありませんでした。

・その間、同年代のユース仲間はそれぞれの道を歩み始めます。海外へ雄飛する者もあれば、浦和では叶わなかったけれでも別の国内クラブで確固たる地位を掴んだ者もいます。そんな中で直輝だけが非常に宙ぶらりんな立場のまま月日を過ごしていました。

・昨年末同期の阪野が2年のレンタルを経て浦和を離れましたが、J2ならバリバリやれていた阪野ですら浦和を去ることになったのに、カテゴリーが違うとはいえ阪野と違ってたいして試合に出ていない直輝がなおもレンタル延長となるのは非常に不可解だとその時は正直思いました。浦和出身の超人気選手ゆえ直輝を切るに切れない黒々とした大人の事情があるのだろうと邪推したりもしました。

・しかし、直輝はついに3年目で湘南で開花。出場試合を一気に39試合にまで増やしただけでなく開幕からレギュラーポジションをがっちり掴んで、5得点の大活躍。リーグ前半は後半半ばでお役御免になるケースが多かったものの、後半はフル出場する試合が増えてきました。今年の湘南の試合はあまり観ていないので、今年の直輝がどのような変貌を遂げたのかについては言及を差し控えます。

・チョウ監督はレンタル選手をよくぞ3年も辛抱したものだと思います。直輝の最大の難点は戦術理解の幅が非常に狭いこと。非常に運動量が多いものの、悪く言えば自由気ままに動き回ってボールを受けては出しているだけ。そんな直輝をフィンケは重用しましたが、ゼリコやミシャからは全く評価されず。おまけにプロではたいした実績もないのに直輝が妙に頑固で、監督の要求に応じて自分のプレースタイルを変えようとはしないので、当然ながら出場機会は大幅に減少。

・湘南へレンタルされてもその難点はなかなか治らなかったのか、あるいは半ばお約束の怪我も相まってか、1年目も2年目もたいして出場機会は巡ってきませんでした。あの原口ですら自分の得意なプレースタイルを封印して泥臭く守備に奔走しているのに直輝は何をやっているのか!! でもチョウ監督はそんな直輝を見捨てませんでした。レンタル選手であるにも関わらず。そして直輝は3年目にしてようやく何かを掴み、遅まきながら開花しました。

・それだけの大恩があるチョウ監督のもとに直輝がそのまま留まったとしても、誰も直輝を責めることはできないでしょう。直輝はすっかり湘南の一員になっている。ここまで育ててもらいながら、ぷいと浦和へ帰るのが「わがまま」なことも直輝は判っている。それでも直輝は浦和へ「行ってくる」道を選びました。

・直輝が選んだ道は決して楽ではありません。岡山で開花したはずの矢島も浦和に戻ってもがき苦しんでいます。堀式4-1-4-1のもとで直輝に期待されるポジションはおそらくIHでしょうが、そこは柏木が鉄板のレギュラー。ついでACLで終盤大ブレイクした長澤がいます。補強次第ではより本職に近い武藤がIHに回ってくるでしょう。またリーグ終盤堀監督はIHが頻繁にボランチの位置に下がるシステムをやりだしたので、前に出てナンボの直輝には合わないかもしれません。堀監督の嗜好からすれば守備意識が低いとそもそも話になりません。

・直輝ももう27歳。当然ながら主力としてバリバリやってもらわないと困る歳です。「勝つために帰って来た」直輝が3年目で掴んだ「湘南スタイル」で来年の浦和に輝きを放つよう願ってやみません。

|

« とりまる@本蓮沼 ~ ワンタンメン(醤油細麺) | トップページ | GOTTSU@練馬(2) ~ (魚介鶏豚骨系)らーめん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66134735

この記事へのトラックバック一覧です: 【祝】山田直輝選手、湘南ベルマーレへの期限付き移籍から復帰:

« とりまる@本蓮沼 ~ ワンタンメン(醤油細麺) | トップページ | GOTTSU@練馬(2) ~ (魚介鶏豚骨系)らーめん »