« みちしるべ@東武練馬 ~ 鶏豚煮干そば | トップページ | ビビン丼@松屋 »

2018.01.15

黒蠍@四谷三丁目(3) ~ 汁なし黒担々麺

009

 地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から外苑東通りを南へ。四谷警察署の向かい辺り。先客3、後客3。ほぼ1年ぶりの再訪。

 店左奥にある券売機で、今回も店の看板メニューである「汁なし黒胡麻坦々麺(780円)」を注文。大盛り無料サービスとのことで大盛にしてもらいました。さらに配膳される直前にライスサービスが付くとの話があり、それもつけてもらいました。

 辛さのレベルは全く聞かれませんでしたが、貼り紙を見ると0.5辛~3辛まであるようです。 後客も特に辛さに注文を付けている人はおらず、卓上に辛口辣油や花山椒が置いてあって、辛さを加減したい人はそれで適当にやってくれというのが実態なのかも。

 他に「汁あり黒胡麻担々麺」「汁あり白胡麻担々麺」「生姜香る醤油麺」「黒蠍風まぜそば」「白胡麻担々つけ麺」、さらに「黒勝浦タンタン麺」など。「汁あり」だと一気に値段が900円に跳ね上がります。

 店内は横長L字型カウンター11席程度。水セルフ。厨房内にはオッチャンと中国人っぽいねーちゃんがいましたが、まだ不慣れなのはともかく日本語も怪しくて「小ライス」が上手く発音できず、何を言っているのか良く判らず苦笑。

006

 随分と大きな皿というかボールに近い器で登場。麺の上にはもやし、ひき肉、糸唐辛子。

 まぜまぜすると麺はたちまち黒々。ウンチク書きによるとタレは「クリーミーな黒ごまペーストに、2種類のラー油と2種類の花山椒、それに特製の醤油ダレを合わせた、辛さと香り豊かなタレ」とのこと。

 麺は口当たりが柔らか目でもっちりした平打ちっぽい麺で、見た目と言い、食感と言い、なんだかじゃじゃ麺にそっくり。もっとも味わいは全然違いますが。量は茹で上がり時で並:350g、大:525gと特に多いわけではありません。

 またデフォルトだと辛さ、痺れともほとんど無く、ゴマだれが強く自己主張して甘目なので少々がっかり。そこで卓上の辛口辣油を少量追加。すると辛さはぐっと増して担々麺らしくなります。また大盛りだと麺と具の量的バランスが崩れてしまうのか、肉味噌やもやしが今一つ麺に絡んで来ず、ひらすら麺を食っているような印象。しかも前回往訪時よりもやしが減っているような気が。

 食べ終わっても底にほとんど何も残りません。その意味ではわざわざライスをつける必要はないのですが、ないならないで単調で飽きやすいかも。

 担々麺自体は専門店としては今一つかなと思いますが、今時の担々麺としては安めで、そこそこ美味くてお腹一杯になるという地元民が普段使いしやすい店だとは思います。

|

« みちしるべ@東武練馬 ~ 鶏豚煮干そば | トップページ | ビビン丼@松屋 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66121158

この記事へのトラックバック一覧です: 黒蠍@四谷三丁目(3) ~ 汁なし黒担々麺:

« みちしるべ@東武練馬 ~ 鶏豚煮干そば | トップページ | ビビン丼@松屋 »