« はやし田@新宿3丁目 ~ 醤油らぁ麺 | トップページ | ふわたまレッドチキンカツ丼@かつや »

2018.03.03

【展望】18年第2節広島戦

・浦和の開幕戦は戦術面はともかく、内容では昨年終盤からなんら進歩がない塩試合に終始。FC東京→広島→長崎と開幕からボトムハーフクラスとの対戦が続くので一気に勝ち点を稼いでおきたいところですが、広島戦では結果もさることながら内容の改善を期待したいところ。

・広島は降格必至の状態から首尾よくチーム立て直しに成功したヨンソン監督をなぜか半年で諦め、FC東京でまたもや大失敗した城福監督を招聘。監督人事の不可解さについては浦和もあまり他人のことを言えた義理ではありませんが・・・

・主力も若干入れ替わりがあり、FWロペスと故障がちのWBミキッチ、MF宮吉を放出。さらに伸び悩んでいるFW皆川とMF茶島をJ2クラブへレンタル。

・補強はFWティーラシン(ムアントン)が目玉。また昨年4バックに転換したのにSBの人材を欠いていたことを鑑みてか和田(大宮)と馬渡(徳島)を補強。

・また磐田に3年もレンタルしていた川辺を呼び戻したものの、なぜか本職のボランチではなく右SHで起用。CK&FKとも川辺が蹴っていましたが、広島は昨年セットプレーからの得点が非常に少なかったので大いに期待されているのでしょう。

・昨年徳島で大ブレイクした新加入のFW渡も実は広島出身ですがJ1でどこまでできるかは未知数。

・大怪我でほぼ丸2年を棒に振っていたCB佐々木が復帰(なぜか左SBで起用)した一方、CB千葉が開幕戦でいきなり故障。

・開幕の札幌戦を見ると、出来立てホヤホヤのミシャ式札幌相手にすら広島は引いてカウンター狙い。開幕戦でシオシオ試合を演じた浦和相手にもそんな割り切った戦い方をしてくる可能性は高いと思います。ただ札幌に勝ったとはいえ内容に乏しく、なんか開幕戦から勝ち点欲しさに汲々とする甲府っぽいサッカーに堕していて、後半はほぼ一方的な札幌ペース。ジェイには決定的な仕事はさせなかったがよちよちミシャに危ない形は結構作られており、先行き不安しかないような・・・

・左SH柏が攻撃のキーマン。割と左右に自由に動いてサイドに張ってのクロスあり、中に斬りこんでのシュートありと実に面倒。極論すれば広島の攻撃は対柏でバランスを取っている川辺がパスを出して柏・パトリック・ティーラシンの3人でひたすら殴っているようなもので、守備側が凡ミスさえしなければあまり怖くありません。

・パトリックがサイドに流れがちなのも相変わらずで、どちらかといえばティーラシンが中。パトリックが裏を狙っている時はティーラシンが引き気味と両者の関係は良さげ。城福監督は甲府時代パトリックを全く使いこなせず、G大阪に放出した後に臍を噛む羽目になりましたが、今回はいかに。

・浦和は25日のTMに森脇の姿はなく、特段スタメンを変える理由はないと思います。中2日でルヴァン杯名古屋戦を迎えるので、そこで大幅なターンオーバーを試みるものと予想します。

----------------------------------------------
<前節:広島 1-0 札幌>

--ティーラシン--パトリック--
柏---------川辺
---青山--稲垣---
佐々木-水本-千葉-和田
------林-----

(得点)
28分 ティーラシン

(交代)
62分 千葉→野上(負傷交代)
84分 ティーラシン→渡
88分 川辺→柴崎

|

« はやし田@新宿3丁目 ~ 醤油らぁ麺 | トップページ | ふわたまレッドチキンカツ丼@かつや »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66447632

この記事へのトラックバック一覧です: 【展望】18年第2節広島戦:

« はやし田@新宿3丁目 ~ 醤油らぁ麺 | トップページ | ふわたまレッドチキンカツ丼@かつや »