« さっぽろラーメン 桑名 東京常盤台店@ときわ台 ~ 味噌 | トップページ | 【DAZN観戦記】18年第13節:鹿島 1-0 浦和 ~ 内容は悪くなかったが1点が遠かった »

2018.05.05

北京らーめん@南鳩ヶ谷(2) ~ ゴジラらーめん

005

 南鳩ヶ谷駅から122沿いに南へ。隣の「銚子丸」のほうがやたら目立ちます。約6年ぶりの再訪。先客10くらい、後客ぞろぞろ。外見はぱっとしませんが、この辺は案外飲食店が少ないせいか、近所で働いていると思しきオッサン達が作業着姿で三々五々やってきて店は常に賑わっています。かなり大きな建物ですが2Fは営業には使っていない模様。

 外観同様、内装も古ぼけたなんでもありの街の中華料理屋風ですが、実態は中華料理屋というよりはかなりラーメン屋寄りの店です。厨房沿いにL字型カウンターが10席強並んでいるほかはテーブル席主体で4人掛けテーブルがずらずらっと並んでキャパシティはかなりのもの。

 メニューは豊富ですが、店イチ押しの「ゴジラらーめん(820円+税=886円)」を激辛で注文。麺は細麺と平打ち麺が選べるとのことなので平打ちで。

002

 大きな丼にスープが並々と注がれて登場。ラーメンはやはりこうでなくては!!!

 辛さが売り物と言っても、味わいは「中本」チョイ似の旨辛風。但しとろみは全くありません。一味唐辛子と鷹の爪、さらにラー油によるストレートに辛いタイプで痺れはなく、また辛さもあまり尾を引きません。前回店お勧めの「中辛」を頼んで大して辛くなかったのを思い出して今回は「激辛」にしてみましたが、それでも辛さ耐性のあまり高くない私でも一応美味しく食べられる範囲内。客が自分で辛さを調節できるように辛味噌が付いてます。

 平打ち麺は若干柔らかめなのが残念(後客を見ると「麺硬め」ができる模様。)でしたが、スープがあっさり目なだけに相性は悪くありません。また丼が大きいけれども麺量は標準的。

 ゆでた白菜やキャベツがどっさり、卵とじがたっぷり入っている他、にら・きくらげが少々。ただ肉類・魚介類は豚肉がわずかに確認できるだけというのは値段を考えればちょっと残念。

 「スタミナらーめん」との2枚看板みたいなので、次はそれで。

|

« さっぽろラーメン 桑名 東京常盤台店@ときわ台 ~ 味噌 | トップページ | 【DAZN観戦記】18年第13節:鹿島 1-0 浦和 ~ 内容は悪くなかったが1点が遠かった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66065578

この記事へのトラックバック一覧です: 北京らーめん@南鳩ヶ谷(2) ~ ゴジラらーめん:

« さっぽろラーメン 桑名 東京常盤台店@ときわ台 ~ 味噌 | トップページ | 【DAZN観戦記】18年第13節:鹿島 1-0 浦和 ~ 内容は悪くなかったが1点が遠かった »