« 【DAZN観戦記】18年第23節:清水 3-3 浦和 ~ 浦和らしからぬまさかの撃ち合い | トップページ | らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん »

2018.08.20

田所商店@南鳩ヶ谷 ~ 信州味噌らーめん

004

 埼玉高速鉄道南鳩ヶ谷駅から国道122号を南へ。株式会社トライ・インターナショナルが国内外に幅広く展開している味噌らーめん専門店です。先客10程度、後客ゾロゾロと早い時間帯から結構な賑わいで、テーブル席や小上がりはあっという間に満席になり、退店時には店内に待ち客も。往訪日は土曜だったせいか、夫婦や家族づれが目立ちました。幹線道路沿いの店舗らしく、大きめの駐車場付き。

 券売機はなく、卓上のメニューの中から「信州味噌らーめん(720円+税=777円)」を注文。「北海道(濃口)・信州(やや濃口)・九州(甘口)」と3種類の味噌があるのはともかく、基本メニューはそれぞれ微妙に値段が違いました。ランチサービスなし。

 店はテーブル席主体で4人卓×6、2人卓×2、小上がりの4人卓×2、店中央にコの字型カウンター10席。卓上には醤油、酢、ラー油、豆板醤、一味。卓上の呼び出しボタンで店員を呼ぶファミレス式。

002

 スープは味噌の自己主張が滅茶苦茶強いわけではなく、辛くもなければ甘くもなく、わずかに酸味が強めといった程度で良い意味で中庸。やたら脂っぽいわけではなく、出汁が弱いというわけでもなく、少なくともスープを飲むのを躊躇わせるような要素は特段ありません。

 麺は並太縮れ麺でつるつるした食感。個人的にはもうちょっと堅いほうが好みでしたが、スープに負けているというほどでもなし。

 山菜は「信州」を意識したものかなぁ?濃い味のラーメンに合っているとはあんまり思えませんが。もやしは炒めすぎてちょっとくたり気味。他にニラ炒め、挽肉、フライドガーリック。値段からすればちょっとしょぼいかな?

 内容と比べて特に安いというわけではなく、ライス無料サービス等でとりあえず腹一杯になるわけでもなく、クォリティーが傑出しているわけでもありませんが、マニア受けしないだけで特に悪い点も見当たらない、まさに万人向けの大規模チェーン店らしい一品。鳩ヶ谷周辺はこれといった店が全然ない「ラーメン不毛地帯」なので、こういう店でも大繁盛しているのかも。

|

« 【DAZN観戦記】18年第23節:清水 3-3 浦和 ~ 浦和らしからぬまさかの撃ち合い | トップページ | らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66910293

この記事へのトラックバック一覧です: 田所商店@南鳩ヶ谷 ~ 信州味噌らーめん:

« 【DAZN観戦記】18年第23節:清水 3-3 浦和 ~ 浦和らしからぬまさかの撃ち合い | トップページ | らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん »