« らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん | トップページ | 【TV観戦記】18年天皇杯4回戦 浦和 1-0 東京V ~ 永田の「うっかり癖」は何処へ・・・ »

2018.08.22

THANK@小川町 ~ (鶏ポタ系)ラーメン・ぽてり

Thank005

 小川町交差点の西、靖国通りより一本南へ入った路地に立地。約3年ぶりの再訪。先客2、後客4。

 券売機ボタンは「ラーメン」が先頭。スープの濃さが「さらり」「とろり」「ぽてり」の三段階あって、「ラーメン・ぼてり(750円)」と「ライス・豆(50円)を注文。ラーメンは3年の間に50円値上がり。また以前は食券を渡すと麺の堅さを聞かれましたが、今回は聞かれませんでした。

 他に「つけめん」や「鶏ポタンタン麺」「トリポターナ」など。さらに期間限定で「冷やしトマトスープとモリンガ麺」「スパイシーポタとこんにゃく麺」「冷やしタンタン麺」。

 店内は厨房に向かってカウンターが6席、壁際に2席。さらに2人卓×2、4人卓×1。冷房の効きが良くないのか、厨房の熱気が店内にこもりがちなのが難儀。卓上に荷は黒胡椒、白ゴマ、カレー粉、もみじおろし。

Thank004

 ”当店では鶏と9種類の野菜をじっくり煮込んで作るポタージュスープ「鶏ポタ」をベースとしたメニューをご提供しています。自然の美味しさを味わっていただきたいから、化学調味料は使用していません。”というのがこの店のウリ文句。この言葉に寸分も違いはなく、スープは鶏白湯に野菜類を合わせた判りやすい鶏ポタタイプ。

 「ぼてり」の名にふさわしく鶏出汁ががっつり効きまくっている割には鶏臭さが抑えられおり、また鶏ポタ系にありがちな野菜の青臭さもほとんどしないので癖がなくて、おまけに塩気もさほど強くないので非常に飲みやすく味わいやすい出来。ただ終盤は無化調にありがちな物足りなさを感じないでもなく。

 麺は細いストレート麺。スープの絡み具合、相性も申し分なし。量が少な目なので「ライス・豆」をつけたのは正解ですが、スープに塩気が少ないためご飯のおかずとしてはイマイチ合わないかも。かといってスープの性格上替玉しやすいとは言い難く・・・

 鶏チャーシューはローストチキン風で、そのままおつまみになりそうな出色の出来。ラーメンの鶏チャーシューって味わいが淡白すぎる例が多いだけに、ここはポジティブサプライズでした。他に穂先メンマ、海苔、刻みネギ。

|

« らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん | トップページ | 【TV観戦記】18年天皇杯4回戦 浦和 1-0 東京V ~ 永田の「うっかり癖」は何処へ・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/66921802

この記事へのトラックバック一覧です: THANK@小川町 ~ (鶏ポタ系)ラーメン・ぽてり:

« らーめん詩@蕨 ~ ネギチャーシュー塩らーめん | トップページ | 【TV観戦記】18年天皇杯4回戦 浦和 1-0 東京V ~ 永田の「うっかり癖」は何処へ・・・ »