« 豚と茄子の辛味噌炒め定食@松屋 | トップページ | 【観戦記】18年第27節:浦和 4-0 神戸 ~ 真っ赤な埼スタを前にイニエスタも尻込み(笑) »

2018.09.23

龍の眼@末広町 ~ 中華そば

_004_2

 銀座線末広町駅から蔵前橋通りを西へ。妻恋坂交差点近く。以前「北かま」や「WATARU」のあった、ラーメン屋がしょっちゅう入れ替わっているところに立地。大塚の人気店「鳴龍」の齋藤店主がプロデュースした店で、開店時は大行列が出来たそうですが、往訪時はすっかり落ち着いていて先客ゼロ、後客5。

券売機はなく後払い。カウンター卓上のメニューを見て基本と思しき「中華そば(750円)」を注文。ランチはライス無料サービス付き。メニューは絞り込まれていて、中華そばにチャーシューや角煮、ワンタンなどのトッピングでバリエーションを付けているだけ。他につけそばを用意。

 店内はJ字型カウンター10席強。卓上にはペッパーミル入りの胡椒があるだけ。

_006

 スープは阿波尾鶏ガラをベースに昆布、煮干し、魚介の節等をブレンドしたものだそうで、旨味十分。昆布、魚の節、干し貝柱の詰まった醤油タレも必要以上にでしゃばらず、全体にバランスが良く取れていると思います。。

 麺は自家製のストレート中細タイプ。つるつるした食感、しなやかな口あたりで喉越し重視っぽい麺でありながら、程よくコシも残した優れモノ。

 チャーシューは「豚肩ロースの肉をタレに漬け込み香ばしく焼き上げた広東式」だそうですが、変に手間をかけたのが裏目。妙に甘くて好みに合わず。メンマも大ぶりの苦手なタイプでしたが、筋っぽくはないので許容範囲内。他に白髪ねぎ、みじん切りの青白ねぎ。

 中華そばだと具が少なく(特にチャーシューが小さすぎ)、またスープも特にご飯が欲しくなるタイプではないので、無料のライスをつけたところで少々持て余し気味に。ワンタンそばを頼む後客が多かったのも納得。

|

« 豚と茄子の辛味噌炒め定食@松屋 | トップページ | 【観戦記】18年第27節:浦和 4-0 神戸 ~ 真っ赤な埼スタを前にイニエスタも尻込み(笑) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/67105263

この記事へのトラックバック一覧です: 龍の眼@末広町 ~ 中華そば:

« 豚と茄子の辛味噌炒め定食@松屋 | トップページ | 【観戦記】18年第27節:浦和 4-0 神戸 ~ 真っ赤な埼スタを前にイニエスタも尻込み(笑) »