« 仁@川口 ~ 濃厚担々麺 | トップページ | かみの屋@五反野 ~ 長岡中華そば »

2018.12.30

はやし田@池袋 ~ 醤油らぁ麺

001

 池袋駅東口から明治通りを北へ。松屋の先を左折。「博多天神」や「節骨麺」などラーメン屋の並ぶ一角。「博多一幸舎」の跡地。新宿本店の2号店です。先客ゼロ、後客1。新宿本店に往訪した際は開店前から行列が出来ていましたが、こちらはガラガラ。

 店内の券売機ボタン先頭の「醤油らぁ麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは相変わらず絞り込まれていて、他に「つけ麺」と数量限定販売の「のどぐろそば」のみ。但し平日夜は「まぜそば」が加わるようです。

 店内は縦長L字型カウンター20席弱。卓上には調味料一切なし。水セルフで、しかもポットを置く代わりに回転寿司屋などでよく見かける給水サーバーを設置しているのは新宿本店と同じ。客入りは芳しくないのに厨房内外にスタッフが5名もいるのが気になります。

0031

 卓上の能書きによると、スープは「鴨と大山鶏を惜しげもなく使用し」のこと。新宿で食べた際にはとにかく醤油ダレがきつくて出汁が全部ぶち壊しになっていましたが、あれはたまたまのブレだったのか、その後改善されたのか、醤油の尖りは随分抑えられてスープの味わいを楽しめるようになっていました。ただ依然として鴨出汁らしい甘み、まろやかさはよく判らず、能書きがなければ単純に鶏ベースだと思い込んでいたでしょう。

 表面の脂が案外多くてスープは最後まで熱々。といっても脂っぽさを感じさせるほどではなく、程よくコクを加える程度。

 麺は菅野製麺の細めストレートタイプ。全粒粉入りで、蕎麦に似た心持ちざらつきのある食感で喉越しが良く、そしてそれなりにコシもあるバランスの取れた仕上がり。

 豚肩ロースと鷄むね肉のチャーシューは低温調理の柔らか仕上げでいずれもかなり淡白な味わい。他に穂先メンマ、刻み青ねぎ。

 新宿で食べた時の悪印象を完全に払拭する出来栄え。ただ場所柄を考えればちょっと高いのが玉に瑕。前店「博多一幸舎」が長持ちしなかったのは割高感ゆえと思われるだけにはたしてどうなることやら。

|

« 仁@川口 ~ 濃厚担々麺 | トップページ | かみの屋@五反野 ~ 長岡中華そば »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/67310912

この記事へのトラックバック一覧です: はやし田@池袋 ~ 醤油らぁ麺:

« 仁@川口 ~ 濃厚担々麺 | トップページ | かみの屋@五反野 ~ 長岡中華そば »