« 浦和2018年総括(3) ~ 堀体制の負の遺産に苦しんだオリヴェイラ監督 | トップページ | 浦和2018年総括(4) ~ 長い中断期間を活かして整ってきた反撃体勢 »

2018.12.21

大ちゃん@東十条 ~ 濃厚タンメン

006

 京浜東北線東十条駅南口から東へ坂を下り、北区保健所の真ん前。はす向かいに「ほん田」あり。先客5、後客ゾロゾロ。退店時に外待ち少々。
 
 入口脇のタッチパネル式券売機で店お勧めの「濃厚タンメン・並(750円)」を注文。タッチパネルの操作がよく判らずにまごついていると店員がしっかり指導してくれます(苦笑) メニューは他に「タンメン」「旨辛タンメン」「汁なしタンメン」など。さらにその上に肉盛りとかカツ盛りとか。

 店内は縦長カウンター5+7(?)席と店奥に4人掛けボックス席×2。水セルフ。卓上にはラー油、酢、ソース、ホワイトペッパー、おろしニンニク。なおカウンターにもタッチパネルが設置されていましたが、昼間は未稼働。居酒屋モードになる夜営業だけ使っているのかも。

005

 うーーん、麺&具の量と比べてスープが少ない・・・こういうケチ臭い店はどうしても心証が悪くなります。そして「濃厚」と称するスープは動物系出汁が濃い、あるいは味つけが濃いと言うより単に背脂を加えて非常に脂っぽくしているだけのような気も。

 麺は太目のストレートで、まるでちゃんぽんのような食感&味わい。これはこれで悪くありません。

 具はモヤシと玉ねぎが主体で、他にキャベツ、きくらげ、わずかながらニンジンとニラといったところ。店先の看板に「野菜たっぷり」を掲げていますが、そんなにたっぷりでもないような・・・ また豚肉が少ないのも残念さに拍車。最初からブラックペッパーが振りかけられているのもなんだかなぁ・・・

 どう見ても「東京タンメン トナリ」の劣化版といった感じ。しかも多店舗展開していた「トナリ」の人気もピークを過ぎて閉店が目立つような時勢にその劣化版はどうなんだろう???

|

« 浦和2018年総括(3) ~ 堀体制の負の遺産に苦しんだオリヴェイラ監督 | トップページ | 浦和2018年総括(4) ~ 長い中断期間を活かして整ってきた反撃体勢 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/67393299

この記事へのトラックバック一覧です: 大ちゃん@東十条 ~ 濃厚タンメン:

« 浦和2018年総括(3) ~ 堀体制の負の遺産に苦しんだオリヴェイラ監督 | トップページ | 浦和2018年総括(4) ~ 長い中断期間を活かして整ってきた反撃体勢 »