« 串匠@博多 ~ 串揚げ定食 | トップページ | 【祝】エヴェルトン選手、FCポルトから移籍加入内定 »

2019.01.12

短編小説「走れシュータン」名場面集

移籍期間終了までにはまだ間がある。私を待っている人があるのだ。少しも疑わず静かに期待してくれている人があるのだ。私は信じられている。私の命なぞは問題ではない。死んでお詫び、などと気のいい事は言って居られぬ。私は信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。走れ!シュータン。

----

ああ浦和、浦和のために私は、いまこんなに走っているのだ。浦和を死なせてはならない。急げ、シュータン。おくれてはならぬ。愛と誠と金の力を、いまこそ知らせてやるがよい。風態なんかは、どうでもいい。シュータンは、いまは、ほとんど全裸体であった(*'▽')

----

信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題でないのだ。WBの頭数も問題でないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。ついて来い!立花新社長。

----

シュータン、私を殴れ。同じくらい音高く私の頬を殴れ。私は正月三が日の間、たった一度だけ、ちらと君を疑った。生れて、はじめて君を疑った。君が私を殴ってくれなければ、私は君と抱擁できない。

|

« 串匠@博多 ~ 串揚げ定食 | トップページ | 【祝】エヴェルトン選手、FCポルトから移籍加入内定 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17585/67579922

この記事へのトラックバック一覧です: 短編小説「走れシュータン」名場面集:

« 串匠@博多 ~ 串揚げ定食 | トップページ | 【祝】エヴェルトン選手、FCポルトから移籍加入内定 »