« 豚ビビン丼@松屋 | トップページ | 【観戦記】19年第11節:名古屋 2-0 浦和 ~ 疲労困憊で手も足も出ない惨敗・・・ »

2019.05.13

チラナイサクラ@御徒町 ~ 中華そば

001_11
 御徒町駅南口から南へ伸びるガード下「らーめん横丁」内。約1年半ぶりの再訪。長野を本拠としながらも都内にも店舗展開しているラーメンチェーン店の一つです。先客ゼロ、後客2。

 店内の券売機ボタン先頭の「中華そば(800円)」を注文。うーん、前回往訪時より50円値上げかぁ・・・ しかもランチサービスなし。

 他に同値段で「王様中華そば」というメニューもありましたが、ネギがたっぷりと入っていて個人的には苦手な部類っぽい感じ。他に「鶏と貝のつけ麺」とメニューは不変。メニューに山賊焼があるのがいかにも長野。

 店内は縦長カウンター5+4席と2人掛けテーブル3卓、4人掛け1卓。卓上にはブラックペッパー、酢、醤油、ラー油、七味。

 仏教画風の絵が壁に極彩色で描かれているのも相変わらずなら、店員が全員女性でこれまたなぜか艶やかな着物というか限りなく浴衣みたいな衣装をまとっているのも相変わらず。

004_4
 スープは鶏・豚・豚足などの動物系をベースに昆布、ハマグリ、アサリ、カマス干しなどの魚介系を加えたもの。3種類の醤油にシジミの出汁をかぶせたものをかえしに使っているそうですが、これが妙な自己主張をしないので出汁の旨味をじっくりと楽しめます。総じて若干甘め。表面の油が適度にコクを加えていることもあり、無化調にありがちな物足りなさは全く感じないいどころか、ついついぐいぐいと飲む進んでしまいました。

 麺は心持ち細目のほぼストレートでやや柔らかめの仕上がり。若干水気の多そうなツルツルした食感で、スープとの相性・絡み具合ともは悪くありません。

 チャーシューは2種類入っていますが、片方がベーコンというのはやや和風に寄ったこのラーメンにはちょっと違和感。他にメンマ、ほうれん草、白髪ねぎ。

 クォリティーは相変わらず高水準を維持していますが、値上げしたので「値段の割に美味い」という長所はなくなって単に値段相応に。またこの一角では高いほうになってしまったので、「ちょっとこの辺でなんか食っとくかぁ!」といった際の選択肢には入りづらくなってしまいました。実際ランチタイムなのに客入りはさっぱりですし・・・

|

« 豚ビビン丼@松屋 | トップページ | 【観戦記】19年第11節:名古屋 2-0 浦和 ~ 疲労困憊で手も足も出ない惨敗・・・ »