« 有彩@西川口 ~ 醤油らぁめん | トップページ | 【観戦記】19年第10節:浦和 0-1 磐田 ~ 聞いて極楽見て地獄・・・ »

2019.05.03

【観戦記】18年第6節:浦和L 0-1 I神戸 ~ 結局日テレ戦の焼き直しに過ぎないような・・・

・前半はシュート数7対2というスタッツに象徴されるように浦和優勢で試合を進めながらも1点も取れないどころかミスから先制点を取られ、後半は急激に消耗してほぼ何も出来ずにそのまま敗戦。

・日テレ戦と違ってフィニッシュで終わる回数は増えているとか、ヘロヘロになった終盤でもなんとか堪えて追加点は許さなかったとか、日テレ戦よりは改善された点もありましたが、それは神戸が日テレほど強くないことの裏返しでもあり、「前半上々・後半シオシオ」という試合の流れといい、選手交代がほとんど意味を成さなかったことといい、日テレ戦の焼き直しに過ぎない側面が強い試合だったと思います。

・もちろん強敵相手に手も足も出ず、力の差そのまんまに負けてしまう昨年までの試合に比べればはるかにマシな内容で、選手達には賛辞を贈りたいと思いますし、森新監督の打ち出した方針は間違ってはいないとも思いますが、新チーム始動から3ヶ月程度では中位グループの中で頭一つ抜きんでるのが精一杯で、上位2チームとの差はまだまだ遠いことを実感させられる試合内容だったのもまた事実だと思います。

I001

・前述のように前半は浦和優勢。中盤での鋭い囲い込みからのボール奪取&安定感のあるビルドアップとはこの試合も健在でした。また日テレ戦ではあまり見受けられなかったサイドチェンジがこの試合では頻出。相手の前プレを交わした後に、相手の守備ブロックの空いているほうを攻めるというごくごく当たり前の動きもきっちりできるようになったのは朗報。

・神戸は左SB牛島にスピードがないのか、あるいは単にポジショニングが良くないのか、その裏ないしCB鮫島との間が浦和の狙い目になっていて、4分には牛島の裏へ抜けた安藤クロス→ボックス内中央で菅澤ヘッドの決定機。37分には長船の縦パス一本で清家が牛島の裏を取ってそのままボックス内に突入する見せ場もありました。

・また水谷が盛んに上下動を繰り返してビルドアップを助け、10分には下がった位置から壁パスを受けて最前線へ飛び出してシュートという見せ場もありましたが、試合を通じてみれば浦和のビルドアップは水谷に助けられすぎているような気も。後半の大失速は水谷の消耗による側面が大きいかも。

・内容は上々だっただけに先制点を取られたのは痛恨の極み。仲田の縦パス一本で岩渕に長船の裏へ抜け出されたのはともかく、それに対するGK池田の飛び出しがいかにも中途半端で池田も交わされてしまい、角度がないところから無人のゴールへ流し込まれてしまいました。

・失点後も浦和はガタガタっと崩れることなく試合を進め、前半終了間際には安藤の縦パスがディフレクションしてボックス内でフリーの菅澤に通る絶好機がありましたが、菅澤の反転シュートは惜しくも枠外。

・試合を決定づけたのは後半の試合交代でしょう。神戸は不振の牛島を前半で諦めてCB羽座を投入し、鮫島を左SBに回すという極めて判りやすい策を打ち出し、かつそれが見事に当たって浦和の右サイド攻撃は後半完全に沈黙。

・一方、浦和はなぜか吉良を前半で諦めて乗松を投入。柴田をSHに上げるのかと思いきや、乗松はSHを主戦場に中盤をウロウロ。日テレ戦は復帰初戦だったので仕方ないと思いましたが、森監督が乗松に何を期待しているのか、この試合でもさっぱり判りませんでした。乗松が守備的な選手だという色眼鏡で見るのが良くないのかもしれませんが・・・ 

・続いて安藤→高橋(高橋が右SB、清家が右SHへ)、柴田→遠藤と代えてみたものの、やはり効果なし。GWの10連休で中4日、中3日の3連戦でベテランの消耗を気遣う必要があるのでしょうが、それを補えるだけの控え選手が育っていない。交代選手がいずれもイマイチなことといい、カップ戦の苦戦といい、「上位チームと互角に闘える戦力が1セットしかない」という層の薄さの象徴なのでしょう。

・遠藤を投入する前あたりから清家をFWに上げて水谷をCHに下げてみたものの、水谷といい、相方の栗島といい疲弊が著しくて、前半あれほどタイトだった中盤の守備はどこへやら。神戸に後半開始早々から終了間際に至るまで次々と決定機を作られ、追加点を取られなかったのが不思議なくらい。浦和の後半の見せ場は86分清家クロス→ファーでフリーの菅澤シュート(GK武仲がセーブ)の一回だけでした。

・CKも7本と結構もらいましたが決定機には繋がらず。神戸はフィジカルが強い選手が多いせいもあるでしょうが、浦和のプレースキッカーは筏井退団以降ずっと人材難のままのような・・・

I002


---菅澤--水谷---
吉良--------安藤
---栗島--柴田---
佐々木-南--長船-清家
-----池田-----

(得点)
19分 岩渕(神戸)

(交代)
HT:吉良→乗松
59分:安藤→高橋(高橋が右SB、清家が右SHへ)
75分:柴田→遠藤(遠藤が右SH、清家がFW、水谷がCHへ)

 

|

« 有彩@西川口 ~ 醤油らぁめん | トップページ | 【観戦記】19年第10節:浦和 0-1 磐田 ~ 聞いて極楽見て地獄・・・ »