« 【TV短感】フランス女子W杯D組第1節:アルゼンチン 0-0 日本 | トップページ | 麵屋774@池袋 ~ 鶏白湯らーめん塩 »

2019.06.12

一番鳥@北池袋 ~ 鶏白湯・塩

003_15

 池袋駅東口から明治通り沿いに北へ進み、山手線を越えたはるか先、「上池袋3丁目」交差点そば。もはや東武東上線の北池袋駅や埼京線の板橋駅のほうが近いくらい。先客1、後客7。

 店内の券売機ボタン先頭の「鶏白湯・塩(780円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に「鶏白湯・醤油」「つけ麺」「特製オリーブ麺」など。つけ麺は220g→330gと増量サービスあり。なお往訪当日は限定商品の「角煮」をトッピングにと、なぜかやたら推していました。

 店内は厨房を囲むコの字型カウンター10席強と4人卓×4。卓上にはフライドオニオン、辛みジャン、おろしニンニク、柚子胡椒、黒粒胡椒、塩。 屋号や店の雰囲気から焼き鳥屋か何かの兼業だと思ったのですが、純然たるラーメン屋の模様。しかしラーメン屋にしては店が不自然に広く、何かの居抜き物件なのでしょう。

002_23

 スープはクリーミーで塩ダレに妙な尖りや自己主張がなく、濃厚な鶏出汁をじっくり味わってもらうタイプで「またお前か」的な鶏白湯とは幾分異なる味わい。ただ食べ初めは鶏出汁が美味くてぐいぐい惹きこまれるものの、少々単調かつ一本調子で飽きやすいというこの手にありがちな難点を免れず、途中で柚子胡椒を投入。

 丸山製麺の麺箱が見える麺は細めストレートタイプで若干硬め。スープが良く絡んで相性も良好。

 鶏チャーシューは堅めかつ少々ぱさついた感じでイマイチ。キャベツは水っぽくて、ただでさえ淡白な味わいのスープには合わないような。他に白髪ねぎ、メンマ、味玉半個、海苔、糸唐辛子と値段からすれば案外具沢山。

 他にこれといったラーメン屋がないエリアですし、そこそこのクォリティーかつ食べ手を選ばない一杯ゆえ、上手くゆけば地元客に支えられて長続きしそう。

|

« 【TV短感】フランス女子W杯D組第1節:アルゼンチン 0-0 日本 | トップページ | 麵屋774@池袋 ~ 鶏白湯らーめん塩 »