« 【観戦記】19年第23節:神戸 3-0 浦和 ~ これが浦和の「終わりの始まり」なのか? | トップページ | UNDERGROUND RAMEN@さいたま新都心 ~ ラーメン(濃厚) »

2019.08.20

長田本庄軒@神戸 ~ ぼっかけオムそば

003_20190819133301

 久しぶりに「長田本庄軒」で早めの夕食。今回往訪したのは神戸ハーバーランドumie店で、4時頃という中途半端な時間帯にも関わらず、盆休みらしくフードコートは大賑わい。

 「長田本庄軒」は丸亀製麺等と同じトリドール傘下の「ぼっかけ焼きそば」をウリとする店で、壁のメニューを見て「ぼっかけオムそば・並(730円+税=788円)」を注文。

 フードコート店ですが、店奥で調理して、客はベルで出来上がりの呼び出しを待つのではなく、注文後に客は鉄板前に並んで焼き上がりを待つというスタイルを取っています。そのため調理過程がよく判り、ぼっかけオムそばは先にぼっかけ焼きそばを作り、後からふわふわの卵の皮を作って、そこにぼっかけ焼きそばを乗せて包み込む感じ。

002_20190819133301

 麺は太麺で弾力の強いもっちりしたタイプ。ソースは濃厚かなり甘めでスパイシーなタイプではありません。そこにさらにマヨネーズがこれでもかこれでもかとぶっかけられています。

 そしてこの店のウリである神戸・長田名物の「ぼっかけ」がたっぷり。牛すじとこんにゃくを甘辛く煮込んだものですが、ソースの甘辛さとは明らかに違う味わいなので良いアクセントになります。ただ濃い味に濃い味を重ねていることには違いなく、野菜は青ネギがあるだけでキャベツや玉ねぎやもやしはなく、箸休めになるものが少ないので、正直後半はくどさのあまり箸が止まり気味に。

 オムで包むのはビジュアル的には面白いけれども、味わいの上では他の諸々の味が濃すぎて卵の旨味をかき消し勝ちで、これならシンプルな「ぼっかけ焼きそば」で十分でした。

 またこの感じだと野菜多めのモダン焼や広島焼のほうが無難かなぁ・・・

|

« 【観戦記】19年第23節:神戸 3-0 浦和 ~ これが浦和の「終わりの始まり」なのか? | トップページ | UNDERGROUND RAMEN@さいたま新都心 ~ ラーメン(濃厚) »