« 【観戦記】19年第28節:浦和 2-1 清水 ~ ダブル達成で残留へ向けて一歩前進 | トップページ | 光@蕨 ~ つけめん »

2019.10.07

サーモンいくら丼@なか卯

 「なか卯」で9月19日から期間限定で発売中の「サーモンいくら丼(790円)」を試食。

 「しっとりと脂の乗ったサーモンと、プチプチとした食感の粒ぞろいの天然いくらを使用した"なか卯の海鮮親子丼"です。サーモンのオレンジ、天然いくらの赤、こだわり卵で作った錦糸たまごの黄色で、彩りも鮮やかです。サーモンのとろける旨味、天然いくらの塩味が食欲そそる贅沢な一品です。」というのがなか卯のウリ文句。

Photo_20191003124001

 なんだか駅弁にもありがちなビジュアルですが、駅弁なら間違いなく1000円以上取られるであろう内容なのに対し、こちらは「なか卯」では高めとはいえたった790円。しかも当然ながらホカホカご飯なので駅弁には完勝。

 いくらは小粒で、量的にも多くを期待できませんが、それは想定の範囲内。一方「しっとりと脂の乗ったサーモン」というのは誇張表現ではなく、期待以上の出来。安モンのスーパーで出てきそうな妙に筋っぽい奴でもなく、100円回転寿司のサーモンみたいな妙にパサついた奴でもありません。これだけで大満足。

 「なか卯」は川口駅周辺に店がなく、西川口駅まで行かないといけないのが個人的には面倒ですが、丼ものチェーン店でも「松屋」や「かつや」「すき家」とは明らかにターゲットとする客層が違っていて、時折低カロリー・低塩分系の新メニューを出してくるので、今後ちょくちょく往訪しようと思います。

 なお「サーモンいくら丼」は10月下旬に販売終了予定とのこと。

|

« 【観戦記】19年第28節:浦和 2-1 清水 ~ ダブル達成で残留へ向けて一歩前進 | トップページ | 光@蕨 ~ つけめん »