« ビーフシチュー定食@松屋 | トップページ | 我武者羅@代々木 ~ 生姜醤油ラーメン »

2019.12.27

生ほたていくら丼@なか卯

Hotate002

 「なか卯」が2019年12月12日より期間限定で販売中の「生ほたていくら丼・並(890円)」を試食。

 「なか卯」は時折海鮮もの中心の低カロリー・低塩分系の新メニューを出すのが特徴で、かつこの手の商品は概して単価も高め。丼ものチェーン店でも「松屋」や「かつや」「すき家」等とは明らかに顧客ターゲットが違うようです。

「たっぷりの北海道産生ホタテの貝柱と天然のイクラを贅沢に盛り付けました。生ホタテならではのプリっとした柔らかい食感と甘みを味わえます。本わさび茎のシャキシャキ感も楽しめる『刻みわさび』をお好みでつけていただくと、わさび特有のツーンとした風味が生ホタテの甘みをさらに際立たせます。」というのがなか卯のウリ文句。

 「天然イクラのプチっとした食感でアクセントをつけ、イクラの塩味と生ホタテの甘みが絶妙に混ざり合うことで、口いっぱいに磯の香りが広がります。」とも謳っています。

Hotate0019

 見た目通り、いくらは彩を添え、わずかに味わいにアクセントと付けている程度で「贅沢に盛り付けました」というのは誇張表現すぎると思いますが、その代わりに生ほたてが充実。またわざわざ「刻みわさび」をウリ文句に加えているのも道理、これまた100円寿司のわさびとは全然出来が違って結構ツーーーンと来ます。

 強いて難を挙げれば、寿司飯の酢が必要以上にきついように思えたこと。まぁこれも些細な問題。

 海辺の街だとかなんとか場外市場とかで海鮮丼を食べると結構な値段を取る割には内容にがっかりさせられることが少なくありません。ところが、なか卯の海鮮ものシリーズはもともとの期待値が著しく低い上に、なか卯の中ではかなり高めの価格とはいえ依然千円未満。値段を考えれば事前の低い期待値を軽く上回る品が出てくるので、とにかく満足度がめっちゃ高い。

 なお2020年1月下旬に販売終了予定とのこと。

|

« ビーフシチュー定食@松屋 | トップページ | 我武者羅@代々木 ~ 生姜醤油ラーメン »