« 謎過ぎる大槻監督続投(2) ~ 悲惨な成績 | トップページ | 謎過ぎる大槻監督続投(3) ~ 悲惨な試合内容(上) »

2019.12.15

竜葵@川口 ~ (季節限定)台湾らーめん

Houzuki002

 川口駅東口、コモディイイダ前にある「みずさわ」と「珍来」の間の小路を横へ入る。屋号は「ほおずき」と読みます。先客4、後客3。

 今回は季節限定メニュー「台湾らーめん(950円)」を注文。辛さのレベルは特に聞かれませんでした。

 この店はレギュラーメニュー「台湾まぜそば」がウリの一つなのに「台湾らーめん」が季節限定というのは不思議な気もしますが、首都圏は「台湾まぜそば」ほど「台湾らーめん」は流行ってないからそんな位置づけにならざるを得ないのかも。

Houzuki001

 台湾らーめんは本場名古屋の「味仙」で何度が試食済ですが、「味仙」のは明らかにジャンキーな一品なのに対し、ここのは随分上品に仕上げた感じ。端的に言えば「味仙」はスープの表面にニンニクや唐辛子が数多浮かんで奇怪な様相を呈しているのに対して、ここのはスープが澄んでいます!! とはいえニンニクががっつり効いていることには違いありません。

 辛さはラー油由来のかなりストレートな辛さで、鷹の爪や糸唐辛子がわずかにアクセントになる程度。しかも鶏がらベースと思しきスープの旨味をちゃんと味わえる程度に辛さが抑えられています。

 麺は中細ほぼストレート。やや柔らかめの仕上がりですが、スープに負けているという感じはせず。なお「味仙」の台湾らーめんは正直量が少ないのが困りものですが、ここはいたって標準的でした。

 具はひき肉たっぷり。ひき肉をサルベージしていると底に溜まっていたにんにくをも食べる羽目に(苦笑)。他にニラ、白髪ねぎ。やや高いのが残念ですが、大満足の逸品でした。

|

« 謎過ぎる大槻監督続投(2) ~ 悲惨な成績 | トップページ | 謎過ぎる大槻監督続投(3) ~ 悲惨な試合内容(上) »