« 我武者羅@代々木 ~ 生姜醤油ラーメン | トップページ | 【観戦記】19年皇后杯決勝:浦和L 0-1 日テレ ~ もの凄く大差に感じられたウノゼロの敗戦 »

2019.12.29

【祝】レオナルド選手、アルビレックス新潟から完全移籍加入

・先日レオナルド選手のアルビレックス新潟からの完全移籍加入が公表されました。これまた「新聞辞令」の追認です。22歳と若い選手で、移籍金を払っての獲得のようです。

・レオナルドは、昨年28得点を上げたJ2得点王。一昨年はJ3鳥取で24得点を上げてこれまた得点王と順調なステップアップを経ての浦和入りです。鳥取のフェルナンジーニョと代表取締役GMの岡野が発掘した逸材らしく、とにかく金がない鳥取はカニを売りまくって資金を稼ぎ、そのカニの少なからずは赤者が買っていた!という逸話まで付いて、レオナルドが巡り巡って浦和にやってくるのは必然だったのかもしれません(苦笑)。

・また土田SDも記者会見で「FWには結果の残せる選手を獲得したいと思っています。」と語っているので全く的外れな補強でもありません。

・ただダイジェスト動画を見る限り、レオナルドは「ボールさえくれば、ボックス内で決定的な仕事をする選手」であって、独力でDFを何人も剥がして決定的な仕事をする「一人で出来た!!」系のFWではないことは明らかです。ビルドアップに難があって興梠にまで満足にボールが渡らず、致し方なく興梠が下がってきたりする今の浦和において、「ボックス内でボールを受けてナンボ」のレオナルドに何を期待しているのかよく判りません。

・またそもそも来季の浦和は今季と内容をがらっと変えて、「攻守一体となり、途切れなく常にゴールを目指すプレーを選択する」「ボールを奪ったら短時間でフィニッシュまで持っていく」サッカーをやろうとしており、その中でレオナルドをどう使うのかはふたを開けてみないと全く判りません。

・さらに一般論としてJ2で大活躍したけれども、J1ではイマイチだった「J1.5」的なFWも山ほどいるので、その意味でもレオナルドの出来は楽しみでもあり、不安でもあり。浦和は過去J1で実績証明済の外国人選手を取る例こそ数多あれ(それでも期待外れに終わるケース多々!)、J2経験しかない外国人選手を取った例はちょっと記憶にありません。

・ミシャの初年度のように、やろうとしていることはよく判るけれども「原口1トップ」や「坪井右CB」といった明らかに無理があるポジションが散見される場合であれば、獲得した選手の当否は傍目にも判断しやすいのですが、今回のように何をやりたいのかよく判らない状態の場合は、どんな選手が来ても「踊るに踊れない」のが正直なところ。

・レオナルド獲得以前に、杉岡@湘南や原@鳥栖の獲得に失敗する悲報が相次ぎましたが、これらは土田SDが補強ポイントに上げていたFWでもCBでもなく(杉岡は槙野の後任だった可能性はありますが)、これまた謎の動きとしか言いようがなく、「泣くに泣けない」気も。

・やることなすこと謎だらけ。そんなクラブ丸ごと「八甲田山死の彷徨」状態の浦和に進んで身を投じてくれるとは、レオナルド本当にありがとう!!

 

|

« 我武者羅@代々木 ~ 生姜醤油ラーメン | トップページ | 【観戦記】19年皇后杯決勝:浦和L 0-1 日テレ ~ もの凄く大差に感じられたウノゼロの敗戦 »