« 【観戦記】19年最終節:浦和 2-3 G大阪 ~ 興梠なき「FC興梠」の哀れな末路 | トップページ | シン・アジト@御茶ノ水 ~ まぜそば(醤油) »

2019.12.09

かつら木@池袋 ~ 中華そば

004_20191111125401

 池袋駅西口の正面、丸井へ向かう道の角にある「かつや」の裏辺りの飲食店街内。先客ゼロ、後客3。

 券売機ボタン最上段はつけ麺類でしたが、その次の「中華そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。券売機には他に「煮干そば(京鰆)」「まぜそば」「季節限定」等のボタンがありましたが、往訪時には全て×が点灯していました。。

 店内はL字型カウンター12席のみ。卓上に調味料類は無し。

003_20191111125401

 カウンターに貼りだされたウンチク書きを見ると、スープは「国産鶏ガラ・モミジ、産地に拘った平子煮干、白口煮干、鯖節、宗太鰹、昆布、貝節、干し椎茸を使用」とのこと。味わいは意外なくらい魚介系が強めに出ていましたが、それはともかく残念なくらいに醤油がきつくて、割と早い段階からしょっぱく感じようになってしまい、出汁の食材に凝った意味がほぼ失われているような気が。

 菅野製麺所製と思しき麺は並太ストレートでやや硬めの仕上がり、かつ心持ちざらつきのある食感が特徴。しょっぱめのスープにはこの力強い麺が合っています。

 豚肩ロースのチャーシューは、意外にもなんか家系ラーメンのチャーシューにありがちな感じの良くも悪くも豚臭い風味で気に入りました。他に細切りのメンマ、青菜。刻みネギ。

 ラーメン自体はちょっと好みから外れていましたが、明らかにラーメン屋離れした超小柄のキュートな娘が働いていて、せっせとゆで卵の皮むきをしていました。それだけで大満足の店でした(*'▽')

|

« 【観戦記】19年最終節:浦和 2-3 G大阪 ~ 興梠なき「FC興梠」の哀れな末路 | トップページ | シン・アジト@御茶ノ水 ~ まぜそば(醤油) »