« 広松@岡山・大元 ~ 中華そばとカツ丼(小)のセット | トップページ | 茂木力也選手、愛媛FCへ完全移籍 »

2019.12.19

徳福@川崎 ~ (徳島)中華そば

Tokufuku001

 JR川崎駅及び京急川崎駅の近くにある「川崎モアーズ」の7F。先客ゼロ、後客2。

 見ての通り「徳島中華そば」がウリの店で、店内の券売機ボタン先頭の「中華そば(740円)」を注文。大盛無料サービスをやっていたので大盛にしてもらいました。また生玉子も無料サービス。

 残念ながら首都圏では「徳島中華そば」はあまり人気がなく、店も出来ては潰れを繰り返しているのが実情で、この店もその辺を受け止めてか、みそ、台湾まぜそば、豚骨タンタン麺、徳辛担々麺等徳島中華そばとは関係なさそうなメニューもずらずらっと並べています。

 店内はテーブル席主体で2人卓×5、4人卓×2。暇な時間帯のせいか、4~5席あったカウンター席は使っていませんでした。卓上には酢、醤油、ラー油、コショウ、マヨネーズ、おろしニンニク。。

Tokufuku004

 スープはかなり甘いのが特徴。出汁は「豚骨と鶏がらを7対3」で合わせたもののようですが、スープ全体の甘さにかき消されて出汁の濃厚云々はあまり意味がないような。

 麺は中細ストレート。後客が「麺硬め」を注文していましたが、デフォルトでも特に柔らかい感じはせず、並堅といって差し支えないレベル。大盛にしてもさほど量が多い感じはせず、デフォルトの量が少なめなのかも。また大盛でもスープとの量的バランスが崩れた感じはしませんでしたが、作り手が雑なのか、最初は玉になって食べづらいのには参りました。

 しつこいくらいに甘辛く煮込まれた豚バラ肉を美味しくいただくために、生玉子を絡めてすき焼き風にして食べるのを推奨しています。ただその際生玉子をボトンとスープに落とさず、別皿で浸けて食べたほうが良いと思ったものの、時すでに遅し。他に青ネギ、もやし、メンマ。

 この感じだと大盛サービスではなく、半ライスサービスのほうがよほどありがたいのですが・・・

|

« 広松@岡山・大元 ~ 中華そばとカツ丼(小)のセット | トップページ | 茂木力也選手、愛媛FCへ完全移籍 »