« 英@白河 ~ ワンタンメン | トップページ | 大衆酒場 HANEGAKI@川口 ~ かき煮干しらーめん »

2020.04.29

塩焼そば@ぎょうざの満洲

Mansyu002

 埼玉では有名な餃子チェーン店。ただ店舗網が西武池袋線・西武新宿線・東武東上線沿線に偏っていて、京浜東北&埼京線沿線にはあまり出店していない(川口駅・西川口駅周辺には全くない!!)ので、個人的には馴染みがありません。往訪したのは蕨東口店ですが、「ぎょうざの満洲」の往訪はなんとほぼ6年ぶり。なおマスコットの少女は「マン子」ではなく「ランちゃん」とのこと。

 往訪の契機となったのは4月限定メニューとして「塩焼そば(税別480円)」を売り出していることに気づいたこと。餃子の満洲の焼きそばはレギュラーメニューだと「ソース焼そば(税別460円)」しかありません。焼きそばだけだとちょっと寂しいかなと思い、「ライス小(税別140円)」を付けてみました。なお焼きそば単体の注文でもワカメスープとお新香が付いてきます。

Mansyu001

 所詮安っぽい油まみれの焼きそばですから、塩だれにしたところで「さっぱりした味わい」には程遠いと思いますが、ソース味よりはかなり薄味でしつこくない分個人的には高評価。終盤飽きてところ、物足りなくなったところで醤油をちょっと垂らせば絶妙の味変になりますし。なお青森県産にんにく使用と明記されていますが、全くと言っていいほどにんにくは気にならず。

 具はキャベツ、玉ねぎ、もやし、ニンジン、キクラゲ、青菜と野菜オンリーか!!と思っていたら、辛うじて豚肉を発見。でも焼きそば自体が薄味な上にこの具の内容ならライスはイマイチ合わないなぁと思うも時すでに遅し。餃子が6個付いてくるセットもの(税別690円)がベターでした。とはいえ、とりたてて美味いわけではないがハズレでもないという「ぎょうの満洲」に対する期待値にジャストフィットな一品だと思いました。

 なお「ぎょうざの満洲」のセットものは何を頼んでも餃子が6個ついてくるんだよなぁ・・・

|

« 英@白河 ~ ワンタンメン | トップページ | 大衆酒場 HANEGAKI@川口 ~ かき煮干しらーめん »