« 風来居@淡路町 ~ しおらーめん | トップページ | とん喜亭@川口 ~ Bランチ »

2020.05.14

小半@蕨 ~ 中華そば

Konakara002

 蕨駅西口から徒歩5分ほど。すぐ近くに人気店「濃厚鶏そば 葵」がありますが、この店も案外長続きしていて約3年ぶりに再訪。先客ゼロ、後客5。屋号は「こなから」と読みます。そういえば大昔NHKお天気お姉さんだった半井小絵さんは何をやってるのかなぁ?

 屋号やメニュー・券売機ボタンの配置を見るかぎり完全につけ麺推しの店ですが、「中華そば(850円)」を注文。並盛(140g)、中盛(210g)同値段で、並だといかにも寂しいので中盛で注文。

 他に「濃厚つけ麺」「濃厚辛つけ麺」、二郎ライクな「小半らーめん」「小半つけ麺」。「小半らーめん」は前回往訪時は数量限定でしたがレギュラーメニューに格上げされた模様。また「小半らーめん」は味噌や辛バージョンもできるようです。

 店内は縦長カウンター8席のみ。時節柄か前回往訪時から2席減っていましたが、相変わらず椅子がやや高くて難儀。卓上には一味、胡椒、酢、ラー油。

Konakara001

 揚げネギ油を入れた小壺と共に登場。スープはつけ麺メインの店にありがちな濃厚ドロドロ系ではなく若干とろみがある程度で、魚介系の出汁が若干強めに出ながらも、動物系出汁とのバランスを考えたタイプ。ただ店が「煮干し香るあっさりスープ」と謳うほど煮干しは強くなく、あっさりでもなく(むしろ味が濃すぎるくらい)、バランスが良いというかなんだか中途半端というか、そんな微妙な感じ。

 そこで活躍するのが揚げネギ油。揚げネギの渋みが良いアクセントになり、かつスープのコクも深まってなかなか面白いかと。もっとも揚げネギ自体の香ばしさそのものははだいぶ失われてしまった気もしますが。

 麺は三河屋製麺の並太ストレート。スープとの相性は良く、つるつるとした食感もまずまず。中盛の麺に対してもスープの量に特段不足感はありません。

 そこそこ厚みがあるチャーシューは周囲に焦げが入っていますが、脂身が多くてイマイチ。他に海苔、刻み玉ネギ、青菜、刻みネギ、ナルト。

 次回は「小半らーめん」で再訪します。

|

« 風来居@淡路町 ~ しおらーめん | トップページ | とん喜亭@川口 ~ Bランチ »