« サーモン丼@なか卯 | トップページ | 蕎麦の澤@西川口 ~ サーモン小丼ランチ »

2020.05.18

"たっぷりタルタル"チキン南蛮焼き定食@松屋

Chikinnanban001

 松屋が2020年5月12日より期間限定発売中の「"たっぷりタルタル"チキン南蛮焼き定食(650円)」を試食。チキンメインメニューの松屋の味といえば「ガーリックまみれ」、そうでなければ「カレー推し」という気がしてなりませんが、「タルタル」に目を付けたのは初めてかな?

Chikinnanban002

 「鉄板でふっくらジューシーに焼き上げた鶏もも肉に、松屋新作の"チキン南蛮ダレ"と甘く爽やかな風味を持つハーブのタラゴンが入った"特製タルタルソース"をかけた」というのが松屋のウリ文句。「タラゴン」っちゅーのが謎過ぎますが、別にヌンチャク振り回してアチョー!!でもなんでもなく、香草の一種のようです。パセリの粉みたいに見える濃緑の粒々がタラゴンでしょうか?

 「特製タルタルソース」はみじん切りのゆで卵が見え隠れする自家製然としたタイプではなくて、ほぼリキッド系。「チキン南蛮ダレ」と混ざっているせいかどうか判りませんが、かなり酸味強め。甘さは控えめ。

 それでともかく、びっくりするのは鶏肉が揚げ物ではなく、軽く下味をつけて焼いたようなのが出てくること!! これを「チキン南蛮」と言うのは羊頭狗肉じゃないのかなぁ、さすがに。ただ呼称の問題に拘らなければ、揚げ物ではない分胃に優しい、タルタルソースまみれの割には無駄に腹にずっしりと来ない仕上がりになっていて、これはこれで悪くありません。「ジューシー」は誇大表示だとしても。

 また「たっぷりタルタル」は大量の千切りキャベツを片付けるのにも一役。鶏肉の合間に野菜たっぷりを食べられるのも、見た目と違って案外味わいが軽い一因かも。

 個人的には松屋の鶏肉メインのメニューの評価は正直低かったのですが、「世界紀行シリーズ」あたりからようやく松屋なりの鶏肉の活かし方を会得したような気がします。

 

|

« サーモン丼@なか卯 | トップページ | 蕎麦の澤@西川口 ~ サーモン小丼ランチ »