« 麺処 遊@西川口 ~ 煮干まぜそば | トップページ | リブロースステーキ重@なか卯 »

2020.08.02

【DAZN観戦記】20年第8節:浦和 1-1 清水 ~ 勝てないと何も残らない残念な試合内容・・・

《スタメン》

・浦和のスタメンは前節故障した興梠に代えて杉本が入った他、鈴木→デン、柏木→汰木と3枚入れ替え。鉄板のレギュラーだった柴戸が前節に続いてベンチスタートなのは少々意外。

・またベンチに武富が入ったのが目を惹いた他、CBの控えがマウリシオから鈴木に交代。前節スタメンだった柏木がいきなりベンチ外になった他、前節お休みだった長澤も引き続きベンチ外。

・なおDAZNでは「マルティノスと阿部は怪我」との怪情報(?)を伝えていました。

・清水のスタメンは前節と全く同じ。

Shimizu001

《試合展開》

・清水が細かくボールを繋いでボールを保持し、浦和が4-4-2の守備ブロックで耐える時間帯が長い試合展開。浦和は前節と違ってあまり前から相手にプレッシャーをかけず、ほぼリトリート主体に守っていました。

・清水が必要以上にボールを繋ぐ傾向があるせいか、浦和は自陣に押し込まれても中央をしっかり固めてシュートブロック。川崎時代には右SBエウシーニョに再三痛い目に遭いましたが、川崎時代は良いようにボールを繋がれた挙句、ぽっかり空いたところにエウシーニョが突っ込んできたのに対し、今の清水ではわざわざ狭いところにエウシーニョが突っ込んでくるのでたいした脅威にはなりませんでした。

・またSBの裏、特に浦和右サイドの裏を何度も突かれて何本もクロスを入れられてしまいましたが、それも中で弾き返して大過なし。クロス攻撃で危なかったのは39分西澤のクロスが青木に当たって軌道が変わり、ループシュートのような形で西川の頭上を越えてバーを直撃した場面だけだったかも。

・シュートブロックを重ねた結果、山のようにCKを与えてしまいましたが、これまた悉く跳ね返して危なげなし。ゾーンで守る浦和のCK守備って町田とTMをやっていた頃は噴飯ものだったはずですが、いつからこんなに堅固になったのかな?

・たとえどんなに押し込まれ続けていようが相手にたいして決定機を与えることなく、カウンターの好機を作れていれば典型的な今季の浦和の試合だったのですが、問題はそこからのカウンターがほとんどチャンスにならなかったこと。シュートで終わったのは11分のロングカウンターで汰木が長い距離を一人で運び、杉本シュートで終わった1回だけ。しかも宇宙開発事業団。

・カウンターの過程でパスがわずかにずれてフィニッシュで終われないならまだしも、その過程でのボールの失い方が悪く、逆にカウンターを食らってしまう場面も。42分にはカウンターの好機でレオナルドのボールロストを機に逆にカウンターを食らってしまい、アウグスト→金子クロス→ファーの後藤に決定的なヘッドを許す始末(西川が股下のボールを足を閉じてセーブ)。

・芳しくない戦況を受けて、大槻監督は21分に早々とイエローをもらった青木を諦めて後半頭から柴戸投入。後半清水の運動量が落ちたこともあってようやく浦和も反撃開始。

・54分、レオナルド&関根と前から強いプレッシャーをかけて深い位置でスローインゲット。かつ関根の早いスローインからレオナルド→杉本へのパスは一度カットされたものの、こぼれ玉を拾ったレオナルドが巧みにDF陣を交わしてほぼ一人で出来た!! 清水の守備態勢が整わないうちに攻め切った、ある意味浦和らしい得点場面でした。

・後半の清水は運動量が落ちて陣形がスカスカになったせいか、浦和もなんとか落ち着いてボールを回せるようになり、さらに球際でも勝てるようになって形勢逆転。65分と早い時間帯に汰木に代えて荻原を投入したのも一定の効果があり、75分には荻原→レオナルド、80分には深い位置から柴戸→山中と繋いで荻原がフィニッシュとカウンターで何度か好機を作りましたが、それを一つも決められなかったのが終わってみれば敗因に。いや負けてはいないのですが。

・逃げ切り勝ちを狙うなら間違いなく手駒の攻撃陣で最も守備に信頼がおける武藤投入と思うのですが、大槻監督の判断は真逆で追加点を取りにいった模様。81分に関根に代えて投入したのも武藤ではなく、なんと今季初めてベンチ入りした武富でした。

・先制された清水はその後積極的に選手を代えたものの、浦和の守備ブロックの周りでただボールを回しているだけで縦パスがほとんど入らず、当然ながら決定機どころかシュートも撃てず。77分途中投入の中村のクロスが走りこんだカルリーニョスにわずかに合わなかった場面だけでしょうか、可能性があったのは。

・ところが、83分の2枚替えが奏功してなんとかボールが前に進むようになり、86分CKからの流れで同点。デンが弾き返したボールをレオナルドが大きくクリア出来なかったのがケチのつけ初めで中村に拾われ、ボールがタッチを割ると思い込んだのか杉本が中村を最後まで追わず(運悪く杉本が足を攣ったようにも見えますが・・・)、さらに中村のクロスをファーで橋岡が被ってしまい、きっちりヴァウドに合わされるという三重事故みたいな残念極まりない失点でした。

・88分には西川ゴールキックから杉本→レオナルド→武富とシンプルな攻撃を仕掛けましたが、エヴェルトンが四尺玉クラスの大花火!! 90+1分にはエヴェルトンの縦パスを受けて武富がボックス内に侵入してレオナルドに折り返すも、レオナルドのシュートはブロックされてしまいました。

・2トップは明らかにヘロヘロだったにも関わらず、結局武藤も伊藤もお呼びはなく、交代枠を2枚余して試合終了。

Shimizu003

《総評》

・前半は全く良いところなし。後半はかなり持ち直して先制点も取れ、そのまま逃げ切り勝ちしていれば「内容は芳しくないが、粘り強く闘った結果勝ち点3は掴み取った」という今季の浦和にありがちな試合だったと多少前向きに評価できた試合だったと思います。しかし、残念なことに、残念な形で追いつかれてドロー。また追加点を取る好機は何度もあったのにどれ一つとしてモノに出来ず、突き放すチャンスさえ逸したこともあって、この試合には悪い印象しか残りませんでした。

・出来が悪かった前半が無失点で、相対的にマシだった後半で失点したのがなんとも皮肉でしたが、試合内容からすれば引き分けは妥当でしょう。どちらもボトムハーフが相応しいお粗末な試合でしたし。

・「横浜Mの劣化版」と陰口を叩かれる清水相手ですから、ボールを支配されるのはたぶん大槻監督も想定内。むしろ「相手にボールを持たせてカウンターを狙う」のは今季の浦和の得意とするところであり、現在の清水の完成度からすれば組しやすい相手といっても過言はないはず。それにも関わらず、浦和が積極的にゲームを動かすかのように両サイドにドリブラータイプを配して試合に臨んだのが謎。端的にいえば右SHは前節お休みの長澤をスタメン起用しなかったのが不思議でした。

・また前節ベンチスタートで短時間出場に留まった柴戸がまたもベンチスタートで青木を連闘させたのも謎。青木は良いところなく、しかも早い時間帯にイエローをもらってしまったため前半だけで柴戸と交代を余儀なくされましたが、青木の不振&右SHの守備強度不足が相まって、前半何度も浦和右サイドで裏を取られる一因になった気がしました。

・前半の内容がさっぱりワヤだったのは、前述のように「相手にボールを持たせてカウンターを狙う」想定通りの形に持ち込みながらも、そのカウンターの過程で非常にミスが多く、あろうことか逆に清水のカウンターの引き金になってしまったこと。たとえ攻撃面がどんなにクソであろうとも、失点さえしなければ勝機はある。前半の最終ライン、特に両CBの奮戦は賞賛してもいいかと思いますが、前半の守→攻への切り替え局面が酷すぎました。

・後半柴戸投入でなんとか戦局を持ち直し、守備陣の奮闘に応えてレオナルドがほぼ「一人で出来た!!」な形で先制点を上げたところまでは良かったのですが、そこから大槻監督がまたしても迷走。

・大槻監督は逃げ切り勝ちではなく、追加点を取りに行ったのは明らかですが、残念ながらその目論見は叶わず。目論見通り行かなかったことを責めるのはあまりにも結果論すぎるのでここでは差し控えます。ただこの両名の投入はいかにも試運転臭がプンプンするのも確か。そういう試運転はルヴァン杯でやるべきであって、リーグ戦、しかも接戦でやるものではないかと。

・柴戸がベンチスタート&長澤をベンチにも入れない謎のスタメン構成といい、武藤を最後まで投入しない謎の選手交代といい、おそらくルヴァン杯C大阪戦を挟んだ中3日&中2日での3連戦を睨んだ結果なのでしょうが、この3試合でもっとも組みしやすいと思われる清水相手に下手を打って勝てた試合を取りこぼしてしまったとあっては悪印象は免れません。

Shimizu004


《選手評等》

・勝ち点1は得ましたが、悪い印象しか残らない残念な試合だったのでMOMはなし。強いて言えば「ほぼ一人で出来た!!」な先制点を挙げたレオナルド。あるいは前半奮戦した両CBでもいいかも。

・デンが「深い位置で相手に寄せられてボールを取られそうでも取られない」という、なんだか危険極まりない地雷臭プンプンのボールの持ち上がりを再三披露。62分にはデンの持ち上がり&縦パスがいきなり汰木のフィニッシュに繋がりましたが、あれが効果的になれば面白いかも。

・今季リーグ戦初出場の荻原。75分に深い位置から対面の右SB岡崎を翻弄しつつドリブルで運んでレオナルドのフィニッシュに結びつける見せ場を作りましたが、80分のカウンターの好機ではどフリーのレオナルドに渡さずに、角度のないところから無理目のシュートを撃ってしまうなど次第に「俺が俺が」になってしまうなど、次第に自己満足としか思えないプレーも目立ち始めて徐々にブレーキ化。現状ビハインドないし勝ち切りたい局面でしか使いづらい選手だと思いました。それ以上に同サイドで山中と見分けがつきにくいのにも参りましたが(苦笑)。

・「周りが見えている」「周りが使える」という意味では荻原より武富のほうがはるかに使い勝手はよさげでしたが、勝ち点2を犠牲にして得た試運転結果を大槻監督はどう評価するのか楽しみです。

・そして杉本。この試合でも守備に奔走し、カウンターの好機では下がってポスト役になっていたので、何度かあった好機でもシュートに力がなく、またも無得点に終わったとしても及第点と温かい目で見ていましたが、肝心なところで追うのを諦めてしまっては・・・運悪く足を攣っていたのなら仕方ないのですが・・・

・さらにいえば、同じ形で何度もやられる橋岡・・・ この惨状で海外とかおこがましいにも程があるだろ・・・

・カルリーニョスは右WGに転じてからが結構厄介でしたが、そのあんまりなラフプレーの数々に荒木主審がイエローを出さないのには参りました。悪名高き「あ行主審」の復活・・・


---レオナルド-杉本---
汰木--------関根
---青木--エヴェルトン--
山中-槙野--デン-橋岡
-----西川-----

(得点)
54分 レオナルド


(交代)
HT 青木→柴戸
65分 汰木→荻原
81分 関根→武富


西澤--カルリーニョス---金子
-----後藤-----
---竹内--アウグスト--
ファン--立田-ヴァウド-エウシー
-----梅田-----

(得点)
86分 ヴァウド

(交代)
63分 後藤→中村
63分 金子→ティーラシン(ティーラシンがCF、カルリーニョスが右WGへ)
70分 エウシーニョ→岡崎
83分 西澤→川本
83分 アウグスト→鈴木

※写真は試合とは全く関係がありません。

 

|

« 麺処 遊@西川口 ~ 煮干まぜそば | トップページ | リブロースステーキ重@なか卯 »