« 肉だく牛カレー@吉野家 | トップページ | 【DAZN観戦記】20年第11節:G大阪 1-3 浦和 ~ コンディション万全のはずの相手がなぜか自爆ボタン連打(笑) »

2020.08.19

○惠中華そば@巣鴨 ~ 中華そば

Marue002

 山手線巣鴨駅南口を出て、やよい軒の先の交差点を南へ。店の真ん前がラブホ。代々木上原へ移転した「蔦」の跡地らしいのですが、「蔦」は大行列店になってから全く行かなくなった上にボケも重なって、その記憶はほとんど残っていません(苦笑)。11時半の開店5分前に到着したところ先客ゼロでしたが、開店までに後客3。開店後さらに6人。退店時には店内に待ち客2人。

 店内の券売機で基本の「中華そば(850円)」を注文。ランチサービスなし。現状メニューは基本「中華そば」しかなく、後はトッピングでバリエーションを付けているだけ。

 店内はL字型カウンター8席。卓上にはブラック&ホワイトペッパーと酢だけ。厨房の中には兄ちゃんが二人だけ。しかも店主が2杯ずつ丁寧に作っているので、運が悪いとちょっと待たされそう。

Marue001

 やたら広口で、しかもずっしりと重い大きな丼で登場。もちろんその中にスープがたっぷり入っており、その中で麺が泳ぎまくり。単価が高いのか何だか知りませんがスープをケチりまくって麺がスープからおもっきり顔を出してコンニチハしているようなラーメンをせせら笑うかのよう。

 「中華そば」と言えば普通醤油味で出てきそうなものですが、ここは見た目通り塩味。ただその塩に妙な尖り、変な自己主張がなく、出汁の美味さを活かそうとしている辺りに好感が持てました。その肝心の出汁は鶏ベースかな??? 良くも悪くも癖がなく、バランスの良い味わいが特徴です。

 ただ表面の脂層が案外厚く、味わいの上ではコクを加える程度でこってりした感じは受けませんが、食後はちょっと口周りがべたつきます。

 麺は新宿だるま製麺製でごく緩い縮れ入りの中太タイプ。脂層のせいか口当たりはつるつるしていますが、もっちりと形容するにはちょっと噛み応えがありすぎる感じ。

 チャーシューは概して薄めの味付けでほんのりスモーキーな、肉の旨味を活かしきった優れもの。券売機ボタンを見る限りチャーシューを40枚まで売り出しているところを見るとチャーシューにはよほど自信があるようで。他にメンマ、刻みネギ。

 メニューが増えると再訪のインセンティブになってなお良いのですが。

|

« 肉だく牛カレー@吉野家 | トップページ | 【DAZN観戦記】20年第11節:G大阪 1-3 浦和 ~ コンディション万全のはずの相手がなぜか自爆ボタン連打(笑) »