« 味噌漬けトンテキ丼@松屋 | トップページ | ネバとろ牛丼@吉野家 »

2020.09.17

スパゲティハウスチャオ JR名古屋駅太閤通口店 ~ ミラカン・レギュラー

Chao001

 名古屋駅太閤通南口改札近くにある「うまいもん通り」内。近くに「味仙」もあっていかにも出張族や観光客向けといった感じの立地ですが、近所のオフィスに勤めていると思しきサラリーマンも三々五々やってきます。名古屋の「スパゲティハウス チャオ」は「第5堀内ビル店」に行って以来ほぼ4年半ぶりの往訪。というか、チャオは名古屋駅の2店舗に経営資源を集中したせいか、第5堀内ビル店は閉店したようです。

 チャオは名古屋めしの一つ「あんかけスパゲティ」で有名な店で、スパゲティハウスなのに客層はオッサンだらけ。後から後からオッサンがやってきます。店の規模は全然違いますが、東京・大手町の「リトル小岩井」と全く同じ位置づけの店です。

 メニューを見ると乗せものが実に多彩で目移りしてしまいますが、当店人気No.1と記された「ミラカン・レギュラー(930円)」を注文。サイズが3種類あってレギュラーを注文。以前食べた時は「レギュラー330g、スナック200g、ジャンボ480g」と明示されていたのですが、メニューには見当たらず。でもオッサン向けの店なのでジャンボを頼んでいる人もそこそこいます。+100円で鉄板付きにもできるみたいですが、それを頼んでいる人はみかけませんでした。

 店内は店中央に10人掛けの島式カウンターがあるだけで、他は4人掛けテーブルがずらずらっと。場所柄カウンター席主体でも良さそうなものですが、オッサンが連れ立ってやってくることが多いからかなぁ? でもオッサンだらけの店の良いところで回転は良さげ。

Chao002

 ミラカンは見た目通り玉ねぎ、ウインナー、オニオン、タケノコ、ピーマン 、マッシュルーム、トウモロコシなどの炒め物まみれで、脂っこいのが特徴。ちょっとだけ混じっている生トマトはアクセントというにはちょっと個性が強すぎるかも。麺はやや太めで、炒めたせいか心持ち硬め。そしてその周辺にソースがたっぷり。

 「チャオのオリジナルソースはタマネギをきつね色に炒め、たっぷりの野菜と数種類の香辛料を加えて丸1日じっくり煮込んで裏ごしをし、翌日、良質な牛肉と完熟トマトを加えてさらにもう1日煮込みます。そして数日間の熟成を経て、より風味豊かなったソースをお店で完成させ提供していきます。」というのがチャオのウリ文句。

 「あんかけ」と称してはいますが、ソースは甘いわけではなく、トマトの酸味からも程遠い。スパイスもあんまり強くはない。名古屋らしくやたら味が濃いわけでもない。オリジナリティー抜群だが、かといって際立った個性があるわけでもないというなんとも微妙な存在ですが飽きはが来ないのは確か。それゆえ、オッサン達がわらわら引き寄せられるのでしょう。

|

« 味噌漬けトンテキ丼@松屋 | トップページ | ネバとろ牛丼@吉野家 »