« 【DAZN観戦記】20年第16節:札幌 3-4 浦和 ~ ミシャはこんな浦和に勝てないのか・・・ | トップページ | リュウグウ@神保町 ~ あさりらーめん »

2020.09.14

机上の空論@東十条 ~ 煮干し中華そば

Kizyou002

 京浜東北線東口から伸びる東十条銀座商店街内。信号を2つ渡った商店街の東端近くにあるので駅からはやや距離があります。約2年半ぶりの再訪。11時半開店の5分前に到着したところ先客ゼロ。開店までに後客2。開店後3人。

 前回は券売機ボタン先頭の「中華そば(720円)」を注文したので今回は「煮干中華そば(750円)」を注文。ランチサービスなし。

 2年半の間にメニューが増えていて、他に「机上のネギ味噌中華」「津軽煮干し中華そば」など。「週二限定の魚群煮干し中華そば」というメニューもありましたが往訪時には販売されておらず、そもそも「週二」とは何時なのかもよく判らず。また往訪時には限定メニューとして「冷や牡蠣蕎麦」を売り出していました。なお「麺の固め・大盛りは不可」「食券は口にくわえないよう」と券売機に注意書きあり。

 店内は厨房を囲むL字型カウンター7席。実にこじんまりした店で席間は狭めなので今時かなり違和感があります。厨房内は店主と若いねーちゃんの二人だけ。卓上にはブラックペッパーと辛子高菜、唐辛子主体の辛味。相変わらず一ロット2~3杯ずつ丁寧に作っています。カウンターに水ポットではなく、でかいやかんが置いてありますが、やかんに目一杯水が入っていると使いづらくて困りもの。

Kizyou001

 おそらく鶏&豚の動物系をベースとする「中華そば」に煮干し系出汁を合わせたものと思われますが、予想以上に煮干しががっつり効いていてむしろ煮干しが前面に出て動物系は下支えに留まる感じ。それでいて煮干しにやり過ぎ感はなく、苦みやえぐいは皆無。少々濃い味わいながらもしょっぱく感じるほどでもなし。「日本一しょうゆ」を使っている旨が貼ってありましたが、これも徒に自己主張することなく、わずかに甘みを感じます。表面の脂層が目立ちますが、これまた程よくコクを加える程度で実にバランスが良い。

 麺は平たい並太ストレート系。細めのストレート麺だった「中華そば」とはあえて麺を変えているのかな? つるつる&しこしこといった形容がしっくりきますが、若干硬めかな?

 チャーシューは肉の旨味を殺さない程よく煮込み加減。メンマは細い割にコリコリとした食感が嬉しい。他にかまぼこ、岩海苔、三つ葉。


 メニューが増えたので再訪の意欲が俄然沸いてきました。

|

« 【DAZN観戦記】20年第16節:札幌 3-4 浦和 ~ ミシャはこんな浦和に勝てないのか・・・ | トップページ | リュウグウ@神保町 ~ あさりらーめん »