« 青島食堂 曲新町店@宮内(長岡市) ~ 青島チャーシュー | トップページ | さのいち@川口 ~ さのいちラーメン »

2020.10.06

安福亭本店@長岡 ~ 老麺

Anfuku001

 長岡駅大手口を出て駅前のアーケード街を直進。大手通り交差点を南へ。途中「小嶋屋本店」の前を通過。駅から1kmくらい離れているので地元民で歩いてくる人はまずいないかも(苦笑) 7年半ぶりの往訪ですが、その間に外観・内装とも改装した模様。

 11時の開店10分前に到着したときは店先にこそ先客はいませんでしたが、駐車場の車の中で待機している人がちらほら。後客数え切れず。退店時にはカウンターとテーブル席がほぼ埋まった感じ。

 店内の券売機でボタン先頭の「老麺(800円)」を注文。ランチサービスなし。ただフツーに「老麺」を頼んでいる人はあまりおらず、「大油入り」とか「大盛」とか「チャーシュー」とか「メンマ」とか、果ては「油抜き」など何がしかのオプションを付ける客が非常に目立ちました。

 店は郊外店らしくゆったり、かつテーブル席主体。店中央に島式カウンター14席、店左側に4~6人掛けテーブルが6卓、右側にの小上がりに4人卓×3、6人卓×1。「案内された席から動くな」との注意書きは健在。水セルフ。

 卓上にはブラックペッパー、ホワイトペッパー、餃子のタレ、醤油、酢、ラー油、おろしニンニク、ニンニクチップ。なおネギ取り放題なのがこの店の特徴だったのですが、そのサービスはなくなったようです。

Anfuku002

 表面に背脂がびっしり浮いており、デフォルトでも脂の量がかなり多め。食べ始めは若干かえしがうるさいかな?と思いますが、それはすぐに慣れて大過なし。ただ残念なことに出汁がイマイチになった様な・・・昔は煮干しの香り&味わいがもっとしっかりしていたような気がしましたが、現状はむしろ豚骨が前に出たような感じで、しかもその効きが強くなくて、正直なんだか物足りない。やむなく卓上のニンニクチップを早々と投入。

 麺は太めの緩い縮れ入りでつるつるした口当たり。もっちりと形容するにはちょっとコシが甘いかなぁ・・・ でもスープの出来がイマイチなせいか、この麺でもスープに対してやや強い印象を受けました。量はデフォルトでも多く、個人的には大盛にする必要皆無。

 チャーシューは薄くて柔らかめですが良くも悪くも特徴なし。他に細いメンマが少々と白髪ねぎ。

 ちょっと思い出補正が強すぎたかな?

|

« 青島食堂 曲新町店@宮内(長岡市) ~ 青島チャーシュー | トップページ | さのいち@川口 ~ さのいちラーメン »