« 【DAZN観戦記】20年第30節:鹿島 4-0 浦和 ~ 勝つ気マンマンなのは監督だけだった・・・ | トップページ | マルティノス選手、契約満了 »

2020.11.30

但馬牛と焼き穴子のあいのせ重@姫路・まねき食品(岡山駅「おかやま駅弁」で購入)

Tajimagyu002

 岡山駅改札外の駅弁売り場はちょっと前まで新幹線きっぷ売り場の横にあったはずですが、いつの間にか駅の商業施設「さんすて」の中へ移転。JR西日本は東海や東日本と違って自社系列の駅弁業者をゴリ押ししたりしないので、ブースは各地の老舗業者の駅弁で結構賑やか。

 岡山駅では地元三好野の駅弁はもちろん、姫路や三原の駅弁も扱っており、今回は姫路・まねき食品の「但馬牛と焼き穴子のあいのせ重(1200円)」をチョイス。

Tajimagyu001

 但馬牛も焼き穴子もまねき食品の二大看板みたいなもので、それを詰め合わせるというのも自然な発想。両者4番打者なので、喧嘩しないように駅弁容器でも斜めに仕切りが入っています。ただ大根の甘酢漬が目立つ以外はビジュアルが茶色だらけで非常に地味(苦笑)。

 オッサンになると美味いものでもそればかり食わされるのはちょっときつい。すき焼き風の牛肉牛蒡煮&玉ねぎ煮のほうはかなり甘目の味付けなので、これ単品だとしんどかったと思います。そこで飽きてきたところで相対的に味が軽い焼き穴子にスイッチできるのは非常に嬉しい。おまけに平茸煮、椎茸煮、きんぴらこんにゃく、小松菜漬と脇を固める面子も充実。

 これらの下には隅々までご飯が詰まっていて、純然たる付け合わせらしきものは大根の甘酢漬しかないので、そこそこボリュームがある反面、ビールのアテとしてはちょっと微妙かも。でも充実の逸品でした。

|

« 【DAZN観戦記】20年第30節:鹿島 4-0 浦和 ~ 勝つ気マンマンなのは監督だけだった・・・ | トップページ | マルティノス選手、契約満了 »