« 【雑感】「2020シーズン振り返りと2021シーズンに向けて」について | トップページ | 【祝】リカルド・ロドリゲス監督就任 »

2020.12.22

京都銀閣寺 ますたにラーメン 室町店@新日本橋 ~ (背脂鶏ガラ)ラーメン

Masutani02

 総武線新日本橋駅を出て中央通りを北へ。神田駅南口からも至近距離。かつて「たかくら」や「みちお食堂」があったところ。言うまでもなく「京都銀閣寺 ますたにラーメン 日本橋本店」の支店です。なお日本橋本店は再開発に伴って、室町店開店の直後に移転&再開業。また3年半前に行った田町店は2000年4月に閉店したようです。

 店外の券売機で基本と思しき「ラーメン(830円)」を注文。食券を渡すと麺の固さ・背脂の量・辛味の量を聞かれたので「麺硬め」のみ指定。また無料サービスのご飯の要否も聞かれたので「半盛」でお願いしました。ご飯は大盛、並盛、半盛、小盛から指定できます。

 メニューは他にチャーシューメン、辛みそラーメン、つけそば等。

 店内は厨房前に横長カウンター7席、壁に向かったカウンター7席。卓上には醤油、ラー油、ラーメンタレ、ブラックペッパー、ホワイトペッパー、酢、にんにく、特製一味。

Masutani01

 店のウンチクには 「当店のスープは三層のスープになっており、上層は甘味がありマイルド、中層はさっぱり醤油味、最後にピリっと辛いアクセントがあります」とあり、昔はその味の変化が楽しめたような記憶がありますが、もうすっかりその辺はアバウトというかあいまいになってしまったのかな? 

 久しぶりに食べてみたらどうもデフォルトでも背脂の量が多くなったみたいですが、見た目と違って全然脂っぽくありません。ただ背脂層&さっぱり目の鶏がらベース醤油味のままだと少々物足りないので、卓上の特製一味を投入。食べ終わる頃になってようやく底のピリ辛が顔を覗かせてきました。

 麺は中細ストレート麺。心持ち口当たりがわずかにざらざらしており、堅めにしたため粉っぽい感じもしますが、スープとの相性はまずまず。

 具はペラペラのチャーシューが数枚と多めの九条ネギ、メンマ。具が多い訳ではなく、スープもご飯を欲するタイプではないのに無料サービスのご飯の量が案外多いのは相変わらずで、半盛でも小さめのお茶碗一杯で出てきます。

 神田駅周辺ならともかく、室町界隈は近在のサラリーマンが気軽に昼飯に使えるラーメン屋が意外に少なく、本格的なラーメン好きはさておき、「さくっと飯でも食って帰るか?」といった程度のニーズを捉えるには十分なクォリティーを維持しているこの店が早い時間帯から繁盛しているのも納得。

|

« 【雑感】「2020シーズン振り返りと2021シーズンに向けて」について | トップページ | 【祝】リカルド・ロドリゲス監督就任 »