« 崋山@浦和 ~ 崋山麺 | トップページ | うまとろ豚たま牛めし@松屋 »

2020.12.04

エヴェルトン選手、契約満了

・昨日(12/3)エヴェルトン選手が契約満了に伴い、2020シーズンをもって浦和を去ることが公表されました。

Img_9774_20201204081201

・エヴェルトンはFCポルトから期限付き移籍(FCポルト→ポルティモネンセSCからレンタル先を変更)の形で2019年浦和に加入。いわゆる「ポンテ案件」の選手です。

・先日同じく今シーズン限りで契約満了となったマルティノスが良くも悪くもスペシャルな選手だったのに対し、エヴェルトンは際立った特徴はない反面、監督がどんなサッカーを志向するにしてもそれなりに使えるという意味で汎用性が高い選手でした。

・浦和加入当初は故障中の青木に代わって3-1-4-2のアンカーをやらされていましたが、さすがにアンカーが務まるほどの守備強度はなくて不憫でした。青木が復帰し、かつオリヴェイラ監督がちょっとだけ試行した4バックを諦めてからようやくエヴェルトンはIHで本領発揮!と思いきや今後はオリヴェイラ監督が更迭と、危うくエヴェルトンも瓦礫になりかかるところでしたが、汎用性の高さゆえ大槻監督のもとでも主力であり続けました。

・主戦場はCHですが、針の穴を通るようなスルーパスを繰り出すわけではなく、広範囲にボールを散らすわけでもなく、ミドルシュートをバンバンぶち込むわけでもなく、中盤で巨大な壁となってバイタルエリアで相手に自由を与えないというわけでもない。そういう判りやすい特徴はないので外国人選手としては物足りないのは否めません。

・しかし、ごつい体格ではないのに案外当たりには強く、くねくねとした身のこなしでなんだかんだとボールは奪われず、ある程度ボールを持ち運べ、、しっかりボールを繋げ、的確なポジション取りで周囲の選手を助け、ちょこちょこ前線に顔を出して攻撃をサポートする等々、監督がCHとしてやってほしいことを全てかなり高いレベルでやってくれる選手だったと思います。前に出たがる割にはあまりシュートを撃たないのが謎でしたが、セットプレーで好位置から点を取る不思議な決定力がありました。

・ブラジル人選手にしては大人しめな感じでしたが、チームや個人が不調であってもマルシオのように思い悩み、思いつめるわけでもなさそうで、他のブラジル人選手と仲良く遊んでいる姿をよくインスタ等に上げていました。

Poor

・従って新監督のもとでも引き続き主力であり続けるだろうと思っていたのですが、なんと無念のレンタル契約終了。エヴェルトンは2018年4月にFCポルトと4年契約を結んでおり、コロナ禍に伴う入場料収入激減で経営難に陥った浦和は残り契約期間相当の移籍金を払ってエヴェルトンを買い取るだけの資力がなかったのか、高額のレンタル料を吹っ掛けられたか、いずれにせよ浦和は金が無くてエヴェルトンと契約できなかったものと目されます。

・しかも「今後は、日本国内を中心に移籍先を探す」とも報じられていることから、FCポルトが浦和より条件が良いレンタル先ないし売却先のアテがあって浦和への再々レンタルを断ったわけではないようで、浦和の金の無さが一層浮き彫りに。

・ビルドアップ能力がガタ落ちの今の浦和。エヴェルトン不在時は全くボールが前に進まない醜態をしょっちゅう晒していましたが、金がない中でエヴェルトンに代わる選手が見つけられるのかなぁ・・・

|

« 崋山@浦和 ~ 崋山麺 | トップページ | うまとろ豚たま牛めし@松屋 »