« ねぎラー油牛丼@吉野家 | トップページ | ゆ~シティー蒲田@蒲田 »

2021.02.23

ふじ本@駒込 ~ 辛旨ラーメン

Fujimoto002

 山手線駒込駅北口から東へ坂を下って道なりに。都営駒込団地の並び。駒込銀座通りにまで入らない住宅地でぽつんと営業しているので、駅近の割には判り辛いかも。先客ゼロ、後客2。

 日~水は「辛旨ラーメン ふじ本」、木~土は「竹岡式ラーメン 世良」として営業しているようで、往訪したのは「ふじ本」の日。券売機はなく、卓上のメニューを見て「辛旨ラーメン(680円)」を注文。麺量が並(150g)、中(200g)から選べるので「中」でお願いしました。後払い。

 メニューは「辛旨ラーメン」と「極辛旨ラーメン」のみ。但し、野菜・肉・味玉の有料トッピングがあり、後客は二人とも全マシ(+300円)を頼んでいました。

 店内は厨房を囲む横長カウンター5席のみ。かなり手狭で、特に背後が狭小。卓上にはブラックペッパーと酢のみ。店は店主一人で切り盛り。

Fujimoto001

 スープはラー油や唐辛子で真っ赤で見た目だけでもいかにも辛そう。ただ「中本」と違ってあんかけではなく、とろみもほとんどありません。そして辛旨といってもかなり「辛」のほうへベクトルを振った感じ。

 店のTwitterでの発言によるとスープは「鳥ガラをベースに香辛野菜等を独自の製法で配合し」「厳選した北海道の味噌をベースに作ったブレンド味噌と、中華味噌である豆板醤、韓国味噌であるコチュジャンを隠し味に味を仕上げ」たとのことですが、ラー油の辛さや唐辛子のヒリヒリ感にマスクされてか、旨味はさほど感じられず。当然スープはほとんど飲む気にならず。

 麺は自家製の太麺でほぼストレートタイプ。若干ざらつきがあり、かつ噛み応えが強い麺で気に入りました。

 具は豚バラ肉ともやしだけとシンプルですが、共にそこそこ量があり、かつスープには良く合っています。豚バラ肉は柔らかく仕上がっていますし。

 まぁどう見てもマニア向けの一杯で個人的には一回で十分かな。辛旨志向のこの系統では「中本」には遠く及ばないと思いますし。

|

« ねぎラー油牛丼@吉野家 | トップページ | ゆ~シティー蒲田@蒲田 »