« 焼漬鮭ほぐし弁当@新発田三新軒(新潟駅2Fコンコース・新幹線改札口前で購入) | トップページ | 朝市食堂二番館@函館 ~ 五目丼 »

2021.02.05

吾左衛門鮓 鯖@米子・米吾(東京駅構内「駅弁屋 祭」にて購入)

 東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」で、米吾@米子の名物駅弁「吾左衛門鮓 鯖(1200円)」を見かけたので早速購入。駅弁になっているのは鯖のみのようですが、吾左衛門鮓は鱒・鯛・スモークサーモン・穴子・銀鮭・カニなどいろいろあるようです。

Gozaemon01

 「かどのない酢加減で絶妙に〆た寒鯖、吾左衛門鮓に最適な鳥取県産米を使った酢飯、柔らかく炊き上げた北海道産の真昆布。それらが渾然一体となったうまみが口中に広がります」とウリ文句も奮っていますが、なんと言ってもお寿司の駅弁としては破格といっても良いくらい鯖が分厚いのが嬉しい逸品です。

Gozaemon02

 見た目通り高級感がハンパない商品を駅弁らしい価格帯に抑えたせいか、これまた見た目通りサイズが非常に小さくて量的には弁当ではなくただのおやつというか酒のアテにしかなりません。昔は鯖まるまる一本の棒寿司を駅弁として売っていたはずですが、あれはもうお土産専門になっちゃったのかな?

 また乾燥が大敵のせいか、吾左衛門鮓を厚めのビニール袋に入れた上、さらに薄いビニール幕で鮓を覆っているので車内ではやや食べづらいかと。さらにビニール袋入りの醤油が鮓のサイズと比べてやたら多いのも困りもの。魚型の醤油入れに入れて、好みに応じてちょっとずつかけられるようにしてほしいものです。

|

« 焼漬鮭ほぐし弁当@新発田三新軒(新潟駅2Fコンコース・新幹線改札口前で購入) | トップページ | 朝市食堂二番館@函館 ~ 五目丼 »