« 皇綱家@池袋 ~ (家系)ラーメン | トップページ | 牛カツと牛焼肉の合い盛り定食@かつや »

2021.02.11

世良@駒込 ~ 竹岡式ラーメン

Sera02

 山手線駒込駅北口から東へ坂を下って道なりに。都営駒込団地の並び。駒込銀座通りにまで入らない住宅地でぽつんと営業しているので、駅近の割には判り辛いかも。先客2、後客3。時節柄テイクアウトにも力を入れていて、実際テイクアウト客が3人もいました。

 木~土は「竹岡式ラーメン 世良」、日~水は「辛旨ラーメン ふじ本」として営業しているようで、往訪したのは「世良」の日。券売機はなく、卓上のメニューを見て「竹岡式ラーメン(680円)」を注文。麺量が並(150g)、中(200g)から選べるので「中」でお願いしました。後払い。

 メニューはこれ一本のみ。あとは肉増し・玉ねぎ増し・味玉とトッピングが増えるだけでサイドメニューもご飯もありません。

 店内は厨房を囲む横長カウンター5席のみ。かなり手狭で、特に背後が狭小。卓上にはブラックペッパーと酢のみ。店は店主一人で切り盛りしていて、テイクアウトが入るとかなり待たされるようです。

Sera01

 店のWebサイトによると「通常の竹岡式ラーメンは、宮醤油を乾麺を茹でた際の茹で汁で割ったものを使用しています。しかしながら、竹岡式ラーメン世良では宮醤油にもっとも合うよう調整した麺を開発し、毎日麺工場で叩いた独自の自家製麺を使用しています。」「宮醤油と麺に合うようなスープを、豚をベースにしつつ独自製法で炊き出しております。」とのこと。

 実際スープは豚から来る出汁の味わいを感じます。ただ一応「竹岡式」を謳うだけあって醤油がそれ以上に前面に出ています。食べている最中は見た目ほどしょっぱくはないな、と思ったのですが食後の渇水感はかなりきつめ。また脂の質が良くないのか、脂の香りがイマイチ。

 麺は中太麺のストレートタイプでつるつる&もっちりした食感。

 チャーシューは少々パサつき加減で、かつ旨味がぬけちゃった感じ。これも古典的な竹岡式にありがちな「醤油だれに浸かり過ぎ」なチャーシューとはだいぶ違う印象を受けました。他に刻み玉ねぎ。

 「竹岡式」を掲げているものの、店では「乾麺を使う & 醤油だれに麺を茹でた湯を注ぐだけ」という古典的な竹岡式とは違うことを正面から認めています。古典的な竹岡式はマニア受けするだけで都内ではリピーターがつかないでしょうから、より一般的な醤油ラーメンに寄せる方向であれこれアレンジを加えたのは正解だと思います。

|

« 皇綱家@池袋 ~ (家系)ラーメン | トップページ | 牛カツと牛焼肉の合い盛り定食@かつや »