« ばりかた屋@アリオ川口 ~ 焦がし醤油チャーハン | トップページ | 【DAZN観戦記】21年第4節:横浜M 3-0 浦和 ~ 縦横斜め、どこから見ても差があり過ぎた完敗 »

2021.03.14

喜楽々@東川口 ~ にぼ白湯ラーメン

Kirara_nibo002

 東川口駅を出て武蔵野線の築堤沿い(南側)に東へ。先客4、後客2。約3ヶ月ぶりの再訪。

 今回の狙いは期間限定の「にぼ白湯ラーメン(880円)」。これは初登場のようで「きらら自慢の鶏白湯スープに九十九里産の煮干しをたっぷり入れ込みました」というのが店のウリ文句。

 いつもと違って「麺の硬さ」は聞かれず。また定番メニューの「喜楽々らーめん」は細麺と太麺が選べますが、この商品には選択肢はないようです。

 店内はL字型カウンターが10席程度。卓上にはラー油、塩昆布、花山椒入り胡椒。

Kirara_nibo001

 「煮干しをたっぷり」のウリ文句通り、丼の縁にべっとり魚粉がつくくらいがっつり煮干しを効かせています。この店は定番メニューの「喜楽々らーめん」だと薄味で、卓上の塩昆布を入れないと味が薄すぎると感じる人も少なくないと思われるくらいですが、今回の「にぼ白湯」はこの店にしてはかなりしょっぱめなほう。でも煮干しの効かせ具合共々、食べ手を選ばない範囲内でまとめています。

 麺は細目のストレートタイプでわずかにざらつきを感じる口当たり。やや硬めの仕上がりで細目でも濃いスープに全く負けていません。なお店では替玉(100円)を勧めていましたが、デフォルトだと量が少ない訳でもなさげ。

 超細かく刻まれた紫玉ねぎ、岩海苔、そして薄いチャーシューなどを代わる代わる絡めながら食べ進めば、濃いスープでも特段飽きることなく一気に完食。若干大ぶりなメンマも良い箸休めに。

|

« ばりかた屋@アリオ川口 ~ 焦がし醤油チャーハン | トップページ | 【DAZN観戦記】21年第4節:横浜M 3-0 浦和 ~ 縦横斜め、どこから見ても差があり過ぎた完敗 »