« 万世麺店@秋葉原 ~ 排骨拉麺 | トップページ | Morris@大山 ~ (動物魚介系)中華そば »

2021.03.07

【DAZN観戦記】21年第2節:鳥栖 2-0 浦和 ~ 夢から覚め、現実の厳しさを突きつけられるの巻

 残留争いのライバルと目される鳥栖に攻守とも良いところなく完敗。共に昨年から大幅に面子が変わりましたが、鳥栖は監督が継続しているのに対して浦和は交代したばかり。ボール保持時の質に大差がありました。

《スタメン》

・浦和はル杯から中3日、鳥栖は中2日ですが、浦和はル杯で10人、鳥栖は11人スタメンを入れ替えたためこの試合に大きな影響はなさげ。

・浦和はリーグ開幕戦から明本→達也と一人入れ替え。サブも涼太郎→大久保と一人入れ替え。興梠・西・デン・関根の故障組はいずれも依然ベンチにも入れず。浦和のスタメン発表が大幅に遅れたのでアクシデントがあったのかも?と懸念されましたが、特段何もなかった模様。

・鳥栖もリーグ開幕戦から酒井→小屋松と一人入れ替え。布陣が判りにくかったのですが、どう見てもいつもの4-4-2ではなく、仙頭の位置は松岡より明らかに高め。さらに攻撃時には右サイドで本来SBの飯野がかなり高い位置を取っていたので3-1-4-2気味に見えました。山中も試合後しきりに「(鳥栖の)ウイングバック」と言ってますし。

Tosu004_20210307094101

《試合展開》

・立ち上がりの浦和はボールを支配できないどころか守備も不安定。しかも開幕戦のような激しいプレスバックは影を潜め、専ら4-4-2で構えて守っていましたが、思うようにボールを奪えず。8分ボックスの外ぎりぎりのところで敦樹がハンドを取られる場面も(VARチェックするまでもなくボックスの外だと思ったのですが、笠原主審はいったんPKを宣告してVARチェックで判定変更。笠原主審は自信がないのかこの試合を通じてVARで確認する場面がやたら目立ちました)。

・試合中は開幕戦のFC東京とは対照的に鳥栖はボールを上手く回せるので、無理にボールを奪いに行っても交わされるだけと判断して敢えてリトリート主体の守備にしたのだろうと思っていたのですが、試合後のリカのコメントを読むと「鳥栖に下げさせられた」と見ていたようで、意図的なものではなかったようです。

・12分岩波が仙頭のハイキックを食らって頭部を負傷。仙頭は足裏を見せて岩波を蹴り上げているのでどう見ても一発レッド、車屋基準ならレッドカードが複数枚出るレベルだろうと思ったのですが笠原主審の判定はイエロー止まりで、VARの介入もなし。岩波は包帯を巻いて90分出場しましたが、負傷が影響してかプレーに著しく精彩を欠いたように見受けられました。

・度重なる鳥栖のラフプレーに悩まされながらも、浦和はロングカウンターで反撃。7分には自陣深い位置でボールを奪って達也が右サイドを長駆するもクロスは杉本に合わず。15分にも自陣深い位置でボールを奪ってから杉本のポストを上手く使って汰木がボックス内に突入するもエドゥアルドに阻まれてシュートを撃てず。18分にも同じような形で汰木が縦に走り、最後は山中のシュートで終わるもののGK正面。

・これらのように高い位置を取る鳥栖のWBの裏を狙う意識はチームで共有化されていたようですが、それが具現化する回数は多くありませんでした。

・鳥栖の強い前からのプレッシャーを受けて浦和のビルドアップは開幕戦とは一転して著しく不安定。32分宇賀神→達也のバックパスが直接FW林に渡ってしまう大惨事があり、最後は樋口にバイタルエリアから際どいシュートを撃たれてヒヤリ。

・流れの中からは得点どころか決定機すら満足に作れそうにない浦和の頼みの綱はセットプレー。34分小泉CKの流れで、再度ボールを拾った小泉のクロスがどフリーの杉本に通ったものの、杉本ヘッドは大きく枠を逸れる始末(つД`)

・リカは後半頭から達也に代えて明本を投入。リカの試合後コメントによれば杉本の近くでプレーできる選手を増やし、ゴール前に迫力を出す意図だったようですが、当然ながらその反作用としてビルドアップはより苦労する羽目に。また前半とは一転してかなり前から追うようになったものの。これまた思うようにハマらず、高い位置でボールを奪えないのは相変わらず。

・48分自陣深い位置でボールコントロールに手間取った岩波から林がボール奪取。林のパスを受けて小屋松がボックス内突入→折り返しを林という決定機がありましたが、ここは西川がセーブ。

・ボールを支配して優位に立つ鳥栖は59分小屋松に代えて本田を投入。そしてその本田が62分浦和の守備ブロックを左サイドからカットインしてあっさり明本&小泉を置き去りにし、宇賀神も振り切ってシュート! 西川も外へ弾けず、こぼれ玉を山下が押し込んで鳥栖先制。凄まじい切れ味を見せた本田はなんと鳥栖U18から昇格して2年目。

・金監督は試合後本田投入の狙いを「相手の右サイドに明本選手が入ってきて、ちょっと前に出る傾向があったのでほころびが生まれていたのもあるし」と語っていましたが、その狙いが見事に嵌まりました。

・一方ボールを支配できず、ビルドアップにも苦労している浦和でしたが、76分前からプレスをかけて鳥栖にロングボールを蹴らせたところから反撃。山中縦パス→汰木がボックス内で折り返し、中でどどどどフリーの杉本に通るも、杉本のシュートはエドゥアルドがブロック(´・ω・`)ショボーン

・唯一無二の絶好機を逸して手詰まり気味の浦和は77分汰木→武藤、小泉→武田と2枚替えたのに対し、鳥栖は中野→田代、仙頭→島川と代えて、坊主頭の田代が3CBのセンターへ入るはっきりした守備時5-3-2へシフト。

・そして81分浦和左サイドで山中が飯野と交錯して転倒。そのこぼれ玉にいち早く反応した樋口のクロスを山下が叩き込んで鳥栖2点目。飯野のファウルでゴール取り消しも?と思われましたが、主審はVARと交信した上でゴール認定。

・2点先制された浦和はなぜか杉本への放り込みを始めましたが、杉本がエドゥアルドやファンソッコに対してもともとハイボールで圧勝していたわけでもないのでなんら実ることなくそのまま試合終了。

Mimamoru

《総評》

・攻守とも良いところなく完敗。開幕戦はドローに終わったものの、昨年は明らかに格上だったFC東京相手に文字通り何もさせず。さらにほぼフルターンオーバーで臨んだルヴァン杯では同レベルの力量の湘南相手にレギュラー組投入後内容で圧倒。それだけに湘南同様残留争いのライバルと目される鳥栖を新生浦和が押しまくるものとワクテカしながら観戦したものの、終わってみれば圧倒されたのは浦和のほうでした。

・2度の決定機をいずれも決められなかった杉本にはがっかりしましたが、これはまぁ仕様だから仕方がない。興梠の復帰まで我慢するしかない。得点どころか決定機自体少ないのも、試合後の質疑で再三出てくるように「相手ゴール前での迫力を出すことと、ボール保持を安定させることのバランス」を探している最中なので、これまた仕方がない。時が解決するのを待つしかないと思います。

・ただ鳥栖のように前から厳しくプレッシャーをかけてくる相手に対して、小泉がゴール前での迫力を犠牲にし、引いて受けてビルドアップ優先にしてもなおビルドアップが上手く行かなかったのは結構堪えました。金監督も試合後「浦和のビルドアップのパターンが多くなかったのもありますが、今日はウイングバックを下げずに高い位置からプレスを掛けてかなり制限できていたと思います。」と、してやったり風。

・また相対的に浦和の右サイドはボールを運ぶ能力が低いのは明らかで、ここはデンや西の復帰を待つしかないのかも。

・さらに小泉を下げた後はビルドアップ自体を放棄したかのように、杉本目掛けて絶望的な放り込みを始めたのには心底がっかりしました。

・また先の2試合では流れの中からは相手にチャンスらしいチャンスはほとんど与えなかったのですが、この試合では前後半とも相手の方が手数で勝る結果に。プレスが思うように嵌まらず、リトリートを強いられた時の守備強度に難があるように伺えました。特に最初の本田に守備ブロックを完膚なきまでに破壊された場面で。

・開幕戦は出来過ぎ。当然ながら相手も研究してくるし、鳥栖戦は相手の研究結果が浦和が現在出来ることを早々と上回ってしまった印象を受けました。やりたいことはハッキリしているので、試行錯誤を伴いながらも地道にトレーニングを積み重ねて精度を上げ、怪我人の復帰を待つしかない。横浜C、横浜M、札幌、そして極め付きは川崎といずれも前からのプレッシャーがきついチームだらけでいかにも苦戦しそうで、しばらくは辛抱の日々、「良かった探し」の日々になりそうです。

《選手評等》

・攻守と良いところんなしだった試合なので、三賞該当者もなし。

・この試合を通じて浦和の攻撃は肝心なところでエドゥアルドに悉く防がれてしまった印象が残りました。

Tosu003_20210307094101
-----杉本-----
汰木---小泉---達也
---阿部--敦樹---
山中-槙野-岩波-宇賀神
-----西川-----

(交代)
HT 田中→明本
78分 汰木→武藤
78分 小泉→武田

Tosu001_20210307094101

---山下--林----
小屋松-仙頭-樋口-飯野
-----松岡-----
-中野-エドゥアルド--ファン-
-----パク-----

(得点)
62分 山下
81分 山下

(交代)
59分 小屋松→本田
74分 林→石井
79分 中野→田代
79分 仙頭→島川

※写真は試合に一切関係ありません

|

« 万世麺店@秋葉原 ~ 排骨拉麺 | トップページ | Morris@大山 ~ (動物魚介系)中華そば »