« 栄龍軒@獨協大学前 ~ 担々麺・赤 | トップページ | 鶏のじゃがバター炒め定食@松屋 »

2021.03.11

【観戦記】21年第3節:浦和 2-0 横浜FC ~ 何はともあれ、嬉しい初勝利!

 シュートはたった7本。決定機は少なくPK2発が全てという塩分高めの試合内容でしたが、横浜FCにも特に何もさせず、妥当と言えば妥当な今季初勝利でした。

《スタメン》

・共に前節から中3日の一戦。浦和は達也→明本とスタメンを一名入れ替えたのみでしたが、試合開始時の立ち位置で岩波と槙野の左右を入れ替え、また開幕戦とは逆に小泉を右SH、明本をトップ下に配したのが目を惹きました。

・サブに故障していた興梠と関根が復帰。そのあおりで大久保と武藤がベンチ外に。

・横浜FC(以下「横縞」)はなんと前節から松尾と小川を除く9名もスタメンを入れ替え!! 横縞はルヴァン杯を含めてここ3試合スタメンをかなり入れ替えていますが、下平監督がここでGKを含めて大胆にターンオーバーした理由は不明。

Yokoc001

《試合展開》

・浦和は前節鳥栖戦とは一転して杉本&明本を先頭に前から果敢にプレッシャーをかけて防戦。4-4-2の横縞は俊輔をCB間に下げてビルドアップを試みていましたが、浦和の前プレがきつくて結局アバウトに前に蹴らざるを得なくなり、浦和は楽々ボールを回収。

・ところが浦和のビルドアップもあまり上手く行かず。浦和は風上に立っていることを利用して、苦しい時は杉本へのロングボールも織り交ぜていましたが、これも有効とは言えず。

・阿部が岩波の左に降りてビルドアップを助けていましたが、試合後のリカのコメントを読む限りでは小泉を右SHに配した結果「いろいろなところに顔を出す機会がなくなった」悪影響がでかかった模様。ただ明本をトップ下に配したので前目のプレス強度が上がり、杉本も孤立せずに済むという二律背反的な側面もあり、この辺のバランスにリカは依然苦心している模様。

・曲がりなりにも浦和のパスが高い位置で綺麗に回ったのは19分杉本が明本とのワン・ツーで裏抜けしかかった場面が初めてかな?(但しオフサイド)。21分安永→中塩のバックパスをカットしながらもシュートに持ち込めなかった場面には結構萎えました。

・給水タイム後一時明本と小泉の位置を入れ替えたようでしたが、25分右SB前嶋がゴールへ向かうようなクロス(西川パンチングで逃れる)、30分カウンターを食らって松尾スルーパス→伊藤(西川が飛び出してセーブ)、こぼれ玉を拾った小川のシュートも山中がブロック、31分左SB高木クロス→伊藤ヘッド(枠外)と急激に守備が怪しくなったせいか、すぐに断念。

・五分五分ないしやや浦和劣勢で推移する中、試合の行方を大きく左右したのが32分宇賀神が獲得したPK。浦和が右サイド高い位置でボールを回し、明本の横パスを受けた宇賀神が俊輔と安永の間を割ってボックス内に入ろうとしたところで俊輔が宇賀神を後ろから倒してファウル。荒木主審はボックス外でのファウルと見ていったんFKを宣告しましたが、VARチェックの結果ファウルはボックス内と判定されてPKに。37杉本がゴール右上隅に豪快に決めて浦和先制。

・40分には中塩→俊輔の縦パスを小泉がカットしたところから鮮やかなカウンターが炸裂。途中明本が中塩の悪質なファウルを食らったものの、主審がアドバンテージを取ったので浦和は攻撃を続行。敦樹の縦パスを受けてボックス内に突入した小泉の折り返しを敦樹が冷静に決めてゴール!!かと思いきや、今後は敦樹→小泉の縦パスの時点でオフサイドとVAR判定されてゴール取り消し。

・オフサイドでゴール取り消しは理解できますが、その前の中塩のファウルはアドバンテージで流れてしまうとどんなに悪質であってもお咎めなしなのか、そもそも悪質ではないという判定なのか、現地ではさっぱり判らず。

・さらに44分横縞FKを最終ラインで跳ね返したところからロングカウンター炸裂。汰木が単騎疾走してボックス内に突入したところを中塩が後ろから引っかけてしまうという判りやすい形でPKゲット。今後は阿部が右下隅に落ち着いて決めて浦和2点目。

・VARで時間を使いまくったため、5分もあったATで浦和は左右からクロスを放り込まれてしまいましたが、ドン引きながらも4×2の守備ブロックでしっかり中を締めて対応。49分にはこぼれ玉を拾った渡邉にシュートを撃たれる場面がありましたが、渡邉も体勢が崩れていたので西川が至近距離ながらも難なくセーブ。

Yokoc003

・浦和は後半頭から明本に代えて達也を投入し、達也が右SH、小泉が再びトップ下に。これは絶大な効果があって浦和は急激にボールが回り出し、心なしかパススピードも向上。また岩波と槙野の立ち位置もしれっと元に戻していました。一方、横縞も後半頭から中塩→袴田、中村→手塚と交代。CB中塩はどう見ても懲罰的交代。

・47分杉本ポスト→汰木縦パスで左サイドを疾走した山中がクロス、51分岩波ロングフィード→杉本ポストから左サイドを疾走した山中がクロス、58分右サイドでくるっと反転した小泉→敦樹の縦パスで達也が右サイドを疾走してクロスと良い形を立て続けに作り、クロスに対して複数人が突っ込んでいるものの、いずれも誰にも合わなくて残念無念。

・64分には敦樹の縦パスがズバッと汰木に通り、汰木スルーパスで杉本が裏抜け、杉本の折り返しを受けて汰木がシュートを放つもGK正面。しかも汰木→杉本の時点でわずかにオフサイドで結局得点の可能性ゼロでしたが、これも良い形。

・リカは65分阿部に代えて金子を投入。68分敦樹のサイドチェンジを契機に左サイドから山中クロス→杉本ヘッドで反らしてファーに達也突っ込むもわずかに合わず。

・さらにリカは78分汰木→関根、78分小泉→武田と連戦の疲労を考えて順次選手を代えましたが、小泉を外すと途端にビルドアップに詰まり出すのは相変わらず。それでも武田が投入直後に右サイドから深い切り返しを2回見せてボックス内に突入し、中へ絞ってきた山中に折り返す見せ場も。

・82分にはヘロヘロの杉本に代えて、故障明けの興梠を投入。85分横縞のカウンターチャンスで疾走する松尾から金子がボールを奪取したのみならず、すぐに反転して武田へ縦パスを送り、武田→達也クロスの良い形に。でも達也のクロスはわずかに興梠に合わず。

・後半の横縞にもカウンターチャンスは若干ありましたが、浦和は相変わらず中を締めて無難に対応。横縞のFW陣は選手を代えれば代えるほどしょぼくなるありさまで、シュート数こそ9本と浦和の7本を上回っていましたが、結局西川がヒヤッとするような場面は全くなかったかも。また負けているのに終了間際に三浦を投入せざるを得ない辺りに下平監督の辛さが見え隠れ。

Yokoc002

《総評》

・内容は悪くなくても勝てなければ、やっていることに自信が持てず、そうこうしてるうちに内容まで悪くなってしまう。そんな悪循環にハマらないように、内容はやや塩分高めとはいえ、早い時点で今季初勝利を掴んだのは率直に評価して良いと思います。

・しかもやや塩分高めといっても、かなり相手にしてやられた感が強かった鳥栖戦と比べれば内容は明らかに向上しており(もちろん横縞が鳥栖よりは格段に弱かったせいでもありますが)、浮いたり沈んだり、立ったり転んだりを繰り返しながら全体のベクトルとしてはなんとなく前に進んでいる風に見えたことだけで今は十分だとも思いました。

・鳥栖戦では前プレが思うように嵌まらず、意図に反して自陣にかなり押し込まれる時間帯が長く続きましたが、この試合で相手に押し込まれたのは前半の給水タイム明けと前半ATくらい。また押し込まれてクロスをバンバン入れられても4×2の守備ブロックをしっかり作って中を締めて弾き返せており、守備面での破綻が全くなかったのは評価していいかと。

・また後半はボールをしっかり保持して左右からクロス、そのクロスに複数人が飛び込むという良い形を何度も作れていたのも評価していいでしょう。加えてビルドアップが上手く行かなかった前半ですらカウンター攻撃の形が出来ている辺りは鳥栖戦と同じ「良かった探し」ですし。

・自陣深いところで相手に詰められてもなんとかボールを繋げるどころか小泉がくるっと前を向いて、がら空きのスペースへ展開して反撃できる!! これが出来るようになっただけでもう感涙もの!! 昨年はこんなプレーは浦女でしか見られませんでしたし(自嘲)。

・ただいくら良い形を作っても精度が低くてフィニッシュに至らないのは相変わらず。時間が解決するのが、駒不足でどうにもならないのかはまだ判りませんが。

・小泉をトップ下に配するとボールは回るが杉本が孤立化してゴール前に迫力が出ない、明本をトップ下に置くと前プレがかかりやすいし杉本も孤立しないで済むがビルドアップが上手く行かない、武田トップ下はゴールに向かってくれるけれども如何せん運動量に多くを期待できない。2列目の最適配置にリカが悩んでいる様がこの試合からも伺えました。

・リカが鳥栖戦で右サイドのビルドアップが相対的に下手なことを気に病んだのか、CBでは比較的前に持ち運べる槙野(というか岩波が運べなさすぎ)を右CBに配したのも面白い試みであり、同時にリカの苦悩の象徴もでありました。右サイドはデン&西の離脱の影響がでかすぎるのでしょう。

Yokoc004

《選手評等》

・MOMは文句なく小泉。どう見ても今の浦和の心臓。小泉がいるのといないのとではサッカーの質が格段に違います。両足で蹴れるので見ている側は「おお、そっちに出すのか!」と意外性が愉しめて実に愉快。守る側はパスの出す方向が読みづらいからめっちゃ難しいでしょうし。

・反撃時に小泉がぽっかり空いているスペースを指さして、「宇賀神走れよ!!」と言わんばかりの指示を出しているのには笑いました。宇賀神はそこに走れるだけの走力をちゃんと残していて、宇賀神→達也で一応チャンスになる辺りはさすがですが、往々にしてクロスは誰にも合わず、白ヤギさん黒ヤギさん現象に。

・中3日で大ベテラン阿部がスタメン出場したのも驚きました。阿部の劇的復活と敦樹の早期戦力化により、昨オフにエヴェルトン・長澤・青木と三人もCHのレギュラークラスが抜けたことはもう忘れられようとしています(苦笑)。さらに過密日程をこなす上では金子が戦力化するとぐっと楽になります。今日は割と長めの出場時間をもらって金子は手ごたえを掴めたかどうか。

・興梠がついにピッチに帰ってきただけで十分嬉しいのですが、残念ながらどうみても初詣客相手に一仕事終えて、その後しばらく休んでいたローストチキン屋のオヤジがピッチに立っているようにしか見えなかったんだよなぁ。コンディションはまだまだかも。

・また関根も故障から復帰。でも汰木&山中の相性が良すぎて、関根は汰木に致命的に欠けている得点能力で勝負しないと現状ではなかなかスタメンを奪えそうにないかも。もちろん関根が点を取れば一気に逆転できる範囲内だとは思いますが。

・横縞は昨オフに伊藤・渡邉・小川と前目はJ1で実績のある選手を採りましたが、蓋を開けてみると斉藤・一美と昨年の主力がいなくなったダメージのほうがでかかったような。知名度は低いけど意外に結構強力だった鳥栖の前目と真逆の補強効果。

-----杉本-----
汰木---明本---小泉
---阿部--敦樹---
山中-岩波-槙野-宇賀神
-----西川-----

(得点)
37分 杉本(PK)
45分 阿部(PK)

(交代)
HT 明本→田中
65分 阿部→金子
77分 汰木→関根
77分 小泉→武田
82分 杉本→興梠

---伊藤--渡邉---
松尾--------小川
---中村--安永---
高木-中塩--田代-前嶋
-----南------

(交代)
HT 中塩→袴田
HT 中村→手塚
69分 渡邉→ジャーメイン
77分 伊藤→杉本
90+3分 小川→三浦

 

|

« 栄龍軒@獨協大学前 ~ 担々麺・赤 | トップページ | 鶏のじゃがバター炒め定食@松屋 »