« 最高峰@川口 ~ ユッケジャン | トップページ | しおの風@竹ノ塚 ~ 塩らーめん »

2021.03.28

【観戦記】21年ル杯GS第2節:浦和 0-1 柏 ~ 収穫は結構あったけれどもこの相手に負けちゃいかんだろう・・・

 興梠&西の試運転成功とか左SB明本の発見とか、ルヴァン杯らしい試みで収穫は結構ありましたがやはり一点が遠く、「ポスト・オルンガ」を模索中で浦和よりもさらに状態が悪そうな柏にセットプレー一発で敗戦。うーん、負けちゃいかん相手だと思ったけどなぁ・・・

《スタメン》

・共に久しぶりに中5日空いた一戦。浦和はA代表に西川、柏はA代表に江坂&キム・スンギュ、U24代表に古賀が選出されて欠場。

・そこで浦和は川崎戦から杉本、敦樹、岩波、槙野以外の7人を入れ替え。練習の様子ではデンの復帰が間近で、西はまだまだと観られていただけにデンを差し置いて西がいきなりスタメン起用されたのには驚きましたし、デンがベンチにも入れないのにも驚きました。

・また左SBに明本を起用したのもサプライズ。以前どこかの試合後インタビューで左SBの練習をしていることを明かしていましたが、山中が小破して別メニューになったことを受けて、練習の成果を実戦で試す機会がついに訪れました。

・達也、涼太郎、柴戸のスタメン起用はルヴァン杯らしいお試し。武藤がベンチ入りした代わりに大久保&武田がベンチ外に。

・一方柏は清水戦からキム・スンギュ→佐々木、古賀→染谷、シノヅカ→呉屋、クリスティアーノ→神谷と4人スタメンを入れ替えたのみ。右SB古賀の代わりに峻希が出るとの予想もありましたが、大南を右SBへ回してCBに染谷を入れたため峻希の出番はなし。

Kashiwa0327009

《試合展開》

・浦和は興梠&杉本を併用したためか、かなりはっきりした4-4-2。一方柏はいつもの4-2-3-1ではなく、神谷トップ下の4-3-1-2(中盤ダイヤモンド型の4-4-2)のように見えました。

・柏は彩艶にまで積極的に前からプレッシャーをかけてきましたが、横浜Mや川崎と対戦した後だといかにもプレスに強度がなく、浦和は簡単にプレスを交わしてボールを前進。杉本も興梠もポストプレーは巧みなので縦パスもそれなりに入り、ボール支配自体は前半を通じて浦和優位でしたが、すっかり陣形が整ってしまった柏の守備ブロックの前でボールを回しているだけの時間が長く、決定機どころかシュートすら撃てず。

・序盤面白かったのは左SBに抜擢された明本。2分岩波ロングフィード→明本ハイボールに競り勝ってヘッドで落とし→興梠→涼太郎といきなり見せ場を作り、5分にはサヴィオをなぎ倒してドリブルで前方進出。9分にはボックス内に3人突っ込んでいるところへクロスと序盤は好機を演出しつづけました。18分では交錯したヒシャルジソンがとうとう傷んでしまう始末でしたし。

・ただ時間の経過と共に明らかになっていったのは、いくら2トップにボールへ収まろうともそこへのフォローが遅いこと。ゆえに2トップは結局ボールを戻さざるを得ず、ボールを支配していても決定機どころかシュートすら撃てない。

・達也はサイドに目一杯張ってドリブル突破を図ってはいましたが、対面をぶち抜くには至らず。一方涼太郎は中へ絞ったポジションを取ることが多いのですが、涼太郎がボールを持つと柏守備陣が寄ってたかってワラワラやって来てどうにもならず。また2トップの相互の関係もイマイチで、15分明本スローイン→杉本反転クロス→興梠ヘッドの見せ場があったくらいかな? とにかく孤立気味のCFが二人いるという印象をぬぐえないまま前半終了。

・浦和の攻撃はお世辞にも上手く行っているとは言い難い惨状でしたが、ポスト・オルンガに苦しむ柏はそれ以上に低調な出来。44分槙野の緩い、緩すぎる縦パスをカットしたところからショートカウンターを仕掛け、最後は細谷のシュートで終わる場面(シュートコースはほとんどなく彩艶楽々セーブ)がありましたが、ほぼ浦和のミス待ちに終始していた印象を受けました。

・リカが前半一杯で涼太郎&達也に見切りをつけて、汰木&小泉を投入したのは当然。これでようやくボールを支配する浦和の攻撃に迫力が生まれ出し、50分明本クロス→杉本ヘッド。そして60分には西クロス→興梠ヘッドの決定機を生み出しましたが、GK佐々木にキャッチされてしまいました。

・しかも残念ながらこのプレーを境に興梠が急速に消耗。リカはやむなく69分に興梠に代えて武藤を投入しましたが、残念ながら武藤の出来は芳しくなく、また小泉が珍しく左サイドへ大きく展開して戦局打開を図っているのに汰木が全く対面を突破できず、戦況はまた振り出しに。

・柏は温存していたクリスティアーノを57分に投入。73分明本が積極的にドリブルでボールを前に運んだもののヒシャルジソンに阻まれてロングカウンターを浴び、クロスティアーノのクロス→椎橋ヘッドの決定機(ヘッドに力なく彩艶正面)。

・そして79分神谷CK→クリスティアーノのヘッド一発で柏先制。クリスティアーノはゾーンで守る明本と敦樹の間に上手く入り込んでどフリーでヘッドを放っているので彩艶はどうにもならず。

・点が入る気配は失せてしまったけれども、点を取られそうにもないという戦況でありがちなセットプレーによる被弾を受けて、80分リカは敦樹に代えて阿部を投入ってなんじゃそれ???と思いましたが、84分に西に代えて関根を入れ、阿部が右SB、小泉がCH、関根が右SHへと配置転換。

・さらに終盤には明本上げっぱなしにして3バック化(心持ち柴戸が左サイドをケアしている風)してバランスもへったくれもなく、リスクかけまくりで猛攻を仕掛けましたが、AT+1分に武藤スルーパス→汰木ボックス内に突入→こぼれ玉を明本シュートの決定機が惜しかったくらいで1点が遠くそのまま試合終了。

Kashiwa0327003

《総評》

・またまた完封負け。しかもホームで。ただ淡々と敗戦を受け入れた訳ではなく終盤に猛攻を仕掛け、選手達が必死にもがいている様子がはっきりと伺えただけに試合後のスタジアムは温かい拍手に包まれました。現時点ではそれが妥当な評価だと思います。

・スタメンを見る限り、今年のルヴァン杯はタイトルなんて全く意識せず、選手のテストの場としてリカは割り切っている模様。そしてそのテスト結果は見事に優・良・可・不可と分かれたものの、現有戦力の個人レベルでは総じて収穫のほうが多かった試合だったと思います。その辺の感想は「選手評等」で。

・ただ如何せん結果が付いてこない。数多決定機を作ったけれども点が入らないのではなく、そもそも決定機が少ないという問題は相変わらず。相手からボールを取り上げることは川崎戦以上に出来ていて、柏は浦和の自爆に乗じたカウンターチャンスしかなかったのですが、柏がかなり守備を意識して試合を進めたこともあってか、浦和もまたたいして決定機を作れませんでした。川崎戦の大敗が堪えてか、概して攻撃時の思い切りが失われている気もしましたが・・・

・よって塩まみれのスコアレスドローで終わるのが妥当な試合内容だったと思いますが、結果はセットプレー一発で敗戦。しかも後半投入されたクリスティアーノの一発という、しょっぱい試合内容でも選手起用の妙で勝ち切ってしまうネルシーニョ監督の面目躍如という結果に。

・唯一の外国人選手デンがこの試合にも復帰できず、開幕からずっと外国人選手ゼロで闘い続けている浦和。クリスティアーノという衰えは隠せないものの今なおJ1トップクラスの選手の個の力の前に敗れ去るという、開幕前から懸念されていた事態がここでついに発生。

・フロントは移籍期間終了間際になってゴソゴソと動いているようですが、果たして間に合うのでしょうか?? 質・量とも不足しているCB&CFを筆頭に今の浦和はJ1で闘うにはどう見ても駒が足りない、駒が弱い。リカを責めても仕方ないのが明らかになりつつあるだけに、春の補強の成否が浦和の運命を決めそうです。

Kashiwa0327011

《選手評等》

・この試合最大の収穫は左SBに抜擢された明本。今の浦和は汰木&山中のコンビによる左サイドからのクロス攻撃がほぼ生命線と化しているのでいきなり明本が左SBに定着することにはならないでしょうが、過密日程を右を西or宇賀神、左を山中or明本のローテーションで回せる目途が立ったのはデカいと思いました。もう阿部を右SBで酷使しなくていいでしょうし。

・明本はなにせ山中とは全く持ち味が違いすぎ。小柄なのに体幹がやたら強く、対面の相手を吹き飛ばしながらドリブルで前方進出する「パワー系SB」って浦和では過去あまり見かけなかったかも。小柄の割りには空中戦も強い。また何といっても攻守の切り替えが早くて、守備時には山中の3倍速で戻ってくるのが実に心強い!!

・また同じSBでもこれまた持ち味が明本と違い過ぎるのが西。こちらはさすがに本職。しかもSBなのにあんまり走らないので「故障明け後いきなりスタメン起用されたことを受けての暖機運転」にしか見えないのですが、さすがにフィンク仕込みだけあってボール保持時はひたすらポジション優位で勝負。「西がどこにパスを出してくるか?」と迷うような位置からどフリーでピンポイントクロスを入れてくる。もちろん守備時のボール奪回や相手のプレスを受けた時の交わし方も巧み。いやはや恐れ入りました。

・しかも意外なことに敗戦後は選手達の先頭に立ってスタジアムを一周。試合後のコメントも非常に前向き。うーん、この辺りはなんか思てたんとちゃう・・・ポジティブな意味合いで。

・興梠はようやく「浦和のチームに混ぜてもらっているローストチキン屋のオヤジ」の状態を脱して、フットボーラーっぽい姿に。でもまだ太目残りで60分強しか持たず。一週間後の鹿島戦でどこまでコンディションを戻せるかな?

・ルヴァン杯で引き続きテスト機会を与えられた柴戸。ボールを刈り取った後に安易に周囲に預けずになんとか自力で前を向こうとしてた辺り、良さを残しながらも苦手なことを必死に克服しようと頑張っているのは一目瞭然で好印象。金子とのCH3番手争いはし烈に。

・小泉はどういう風の吹き回しか、左サイドへ大きく展開すること2度!! これも新境地の開拓っぽくて好印象。でもそれを全く活かせない汰木(つД`)

・残念だったのは涼太郎。せっかく前にボールの収めどころが2つも出来たのに、それを上手くフォロー出来ない。中へ絞ったポジションを取って2トップをフォローしようとする意欲はありましたが、フィジカルが弱くて柏守備陣がワラワラ寄ってくると全然前を向けずにフォローにならない。対空砲火の密度が高いところにツッコんでゆく防弾性能が低い攻撃機みたいで残念でした(つД`)

・達也は戦術ヲタを自認しているけれども、本人のプレーは全然ポジション優位を意識しているようには見えない、「対面の相手をぶち抜いてナンボ」という浦和保守本流そのものっちゅーのは実に不思議。しかもぶち抜けない。復調気味の関根と序列が入れ替わるのは時間の問題かと。

・小泉や明本に慣れてしまったせいかもしれんけど、武藤の動きがえらくもっさりしているのが気になりました。リカの評価が低いのもその辺かなあ?

・この試合の村上主審は「これはイエローなのにあれにはイエロー出さないんかよ!!」という判定が目立ってちょっとモヤモヤ。

Kashiwa0327020


---興梠--杉本---
涼太郎-------達也
---柴戸--敦樹---
明本-槙野--岩波--西
-----彩艶-----

(交代)
HT 田中→小泉
HT 伊藤涼→汰木
69分 興梠→武藤
80分 伊藤敦→阿部
84分 西→関根(阿部が右SB、小泉がCH、関根が右SHへ)

---細谷--呉屋---
-----神谷-----
-椎橋--ヒシャル--サヴィオ-
三丸-染谷--上島-大南
-----スンギュ-----

(得点)
79分 クリスティアーノ

(交代)
57分 呉屋→クリスティアーノ
67分 サヴィオ→シノヅカ
84分 椎橋→三原

|

« 最高峰@川口 ~ ユッケジャン | トップページ | しおの風@竹ノ塚 ~ 塩らーめん »