« 花湯スパリゾート@熊谷 | トップページ | チーズトマトロースかつ定食@松のや »

2021.05.21

【閉店】孫鈴舎 神田大手町店@神田 ~ (鶏豚骨系)らーめん

Magorin2104002

 山手線神田駅西口から外堀通りへ出て、鎌倉橋交差点のそば。「天天有」の跡地。東京駅丸の内南口・はとバス乗り場の先にある東京店に続く孫鈴舎2号店です。先客2,後客5。

 約1年前に往訪した東京店では「らーめん」は17時からの販売だったのでやむなく「つけ」を頂きましたが、こちらでは昼から「らーめん」を出していると聞いて往訪した次第。タッチパネル式券売機で「らーめん」のカテゴリーを開くと、なんと最もシンプルな「らーめん」はたった550円!! チャーシューメンでも800円と今時の都内のラーメン屋としては破格の安値。

 店内は厨房前に縦長カウンター7席と壁沿いに縦長カウンター10席。卓上には辛味、コショウ、粗めにおろされたニンニク。

Magorin2104001

 茶色く濁ったスープは「鶏と豚、本来の旨味と醤油のキレで食わす」のがウリのようですが出汁は明らかに豚が優勢。醤油ダレも多少うるさくてしょっぱめですが、出汁の出来が良いためかしょっぱめの割には不思議なくらいスープを飲み進む気になりました。

 麺は細目のストレートタイプ。水気の少なそうな麺でややざらついた口当たり。細目の割には濃厚スープに全く負けることなく、意外なくらいに良く合っています。粗めに刻まれたネギが多めに入っているのも、麺を食べる上でどうしても気になってしまうスープのしょっぱさを緩和するのに大いに役立っている気も。麺量は替玉(+100円)必須というほど少なくはありませんが、ちょっと少な目かなぁ?

 またスープにはデフォルトで生姜が入っています。最初から生姜を混ぜずにデフォルトのスープを味わい、生姜を混ぜて味の変化を愉しみ、最後に店のお勧めに従っておろしニンニクを入れてまた味変を愉しむのも一興。

 チャーシューはさすがに値段相応に小さめですが、案外厚みがあってびっくり。

 この値段でこの出来とはいやはや恐れ入りました。

|

« 花湯スパリゾート@熊谷 | トップページ | チーズトマトロースかつ定食@松のや »