« 【観戦記】21年第19節:柏 0-2 浦和 ~ 大胆なターンオーバーを仕掛けてややぐだぐだ模様ながらも不振の柏に完勝 | トップページ | 【祝】江坂 任選手、柏レイソルより完全移籍加入 »

2021.06.24

しながわ@要町 ~ 中華そば

Shinagawa002

 池袋駅西口から立教通りをずんずん進んで立教大学を過ぎ、「霜田橋」の信号を越えてすぐ。もう有楽町線要町駅のほうが近いくらい。ほぼ8年ぶりの再訪。11時開店5分前に到着したところ先客3。開店までに後客4。退店時には外待ち9と相変わらずの人気を誇っています。店前のベンチは4席しかなく、道路側に並ぶ羽目になると陽射しを遮るものが一切ないので暑そう。

 店内の券売機を来て基本と思しき「中華そば(850円)」を注文。並盛・中盛が同値段なので中盛にしてもらいました。他に「煮干そば」「煮干つけそば」「ABURASSO」など。往訪時には「濃厚中華そば」は販売を止めていました。

 店内はコロナ対策で仕切り板が出来た他はほとんど変わっていないようでL字型カウンター8席のみ。卓上にはミル入り胡椒、一味、タバスコ。

Shinagawa001

 スープは鶏がらベースの古典的な醤油味に近いタイプですが、出汁とかえしのバランスが非常に良く、しかも雑味が全くない優れもの。表面の脂がコクを加えています。またその脂がちょっと多くてスープはいつまでも熱々。

 麺は中細ストレートタイプで、スープ表面の脂もあってかつるつるした口当たり。硬くはないのに噛み応えが強く、麺の密度が結構高いのかも。スープの絡みもいたって良好。中盛だと200g強ありそうで、量的には十分満足。中盛でもスープの量とのバランスが崩れていない辺りも高評価。

 チャーシューはバラとロースが一枚ずつ。やや薄めですが肉の味わいがしっかり楽しめる逸品。他にメンマ、刻みねぎ、海苔。

 個人的には文句のつけようがありません。ちょっと間を開けすぎてしまったので、おいおい他のメニューで再訪します。

|

« 【観戦記】21年第19節:柏 0-2 浦和 ~ 大胆なターンオーバーを仕掛けてややぐだぐだ模様ながらも不振の柏に完勝 | トップページ | 【祝】江坂 任選手、柏レイソルより完全移籍加入 »