« 【観戦記】21年ル杯PO第2戦:浦和 2-2(計4-3) 神戸 ~ 良くも悪くも声が良く聞こえるスタジアムでした by よしお | トップページ | 久兵衛屋 川口伊刈店@東浦和 ~ つけ汁うどんランチ »

2021.06.14

奥久慈しゃもべん@水戸・しまだフーズ(東京駅構内「駅弁屋 祭」にて購入)

 京阪神に加えて愛知・岡山・広島まで緊急事態宣言が発令されてしまったために東海道・山陽新幹線の乗客数は再び壊滅状態に逆戻り。東京駅構内の巨大駅弁売り場「駅弁屋 祭」は棚がスカスカの状態こそ免れていますが、そのほとんどが東京に工場がある弁当業者か神奈川など近県の業者の駅弁で実質的な品揃えは多くはなく、地方の駅弁はもうあまり扱っていないようです。

Syamoben001

 その中であまり見覚えがない「奥久慈しゃもべん(1100円)」をチョイス。製造者「しまだフーズ」って全く聞いたことがないと思って調べたところ、水戸市内で居酒屋「北のしまだ」を展開している「株式会社しまだ」の中食部門を担うグループ会社で、駅弁を売り出したのは2011年5月から。

 しかも「奥久慈しゃもべん」は、2021年3月27日に水郡線全線で運転を再開したことを記念してその日から売り出されたものなので、これまで見かけたことがないのも道理。

Syamoben002

 ぱっと見は炊き込みご飯に鶏そぼろや玉子そぼろなどを敷き詰めたごくごくありきたりな鳥めしですが、しゃも肉そぼろだけでなく細かく刻まれたしゃも焼きが入っているのが最大の特徴。これが結構硬い!! しっかと噛みしめるとその旨さが判るという、ある意味昭和にありがちな一品ですが、歯が弱った年寄りにはちょっときついかも。でもこういうのはご飯のおかずというよりビールのアテに最適。

 長ねぎ焼きは個人的にはやや苦手なぶっとい白ネギ。他に山菜醤油漬け、金平ごぼう、桜漬け。

|

« 【観戦記】21年ル杯PO第2戦:浦和 2-2(計4-3) 神戸 ~ 良くも悪くも声が良く聞こえるスタジアムでした by よしお | トップページ | 久兵衛屋 川口伊刈店@東浦和 ~ つけ汁うどんランチ »