« キッチントモ@川口 ~ :日替わりおすすめランチ(チキンカツ) | トップページ | 桂園@川口 ~ チンジャオロースー定食 »

2021.12.17

おとなの塩soba@西川口 ~ 塩そば

Otonasio001

 青木町公園の北辺りの住宅地内でポツンと営業。西川口が一応最寄り駅になりますが。かなり距離があります。1年3ヶ月ぶりの再訪。先客ゼロ、後客3。

 店内の券売機ボタン先頭の「塩そば(880円)」を注文。ランチサービスなし。メニューは他に醤油そば、赤い彗星(坦々麺)、塩ざるそば、醤油辛そばなど。

 店内はカウンター3席と2人卓×1、4人卓×1。ただ一人客はテーブル席での相席どころかカウンター席に並んで座らないように運営しているみたいでテーブルに各1名、カウンターに1名座った後、4人目の客は店外で待つことに。卓上には胡椒とフルーツ酢。おしぼりサービス付き。

Otonasio002

 スープは無化調で「大山鶏を使用」「あご、いりこ、あじ、昆布、鯖、かつを節を掛け合わせた」ダブルスープ。塩は「淡路島の藻塩等を5種類ブレンドし、2種類の昆布でお出汁を丁寧に取り、あさり、はまぐり、渡りかに、エビ、ムール貝と匠の大山鶏を合わせたトリプルスープ」と相変わらず能書きがごちゃごちゃして難儀ですが、単なる鶏ベースとは完全に一線を画したコク深さ、そして味わいの多層性が特徴的。

 塩ダレは妙にでしゃばらず、しかも出汁の出来がよほどいいのか無化調にありがちな物足りなさは微塵も感じられず。食べ進むと若干塩がうるさく感じられるようになったので、店お勧めのフルーツ酢を垂らすと味わいが一段とマイルドになって食べやすくなります。

 麺は自家製で中細ストレート。まるで蕎麦のような心持ちざらつきのある口当たりで、心持ち柔らかめのしっとりした仕上がりで、スープとの相性、絡み具合とも文句なし。

 具は豚と鶏のチャーシューが3種、さらにアスパラ肉巻きも加わって具はやたら賑やか。他にかいわれ、穂先メンマ、白髪ネギ、きざみネギ、バジルパウダー。そして柚子皮がアクセントを添えています。

|

« キッチントモ@川口 ~ :日替わりおすすめランチ(チキンカツ) | トップページ | 桂園@川口 ~ チンジャオロースー定食 »