« 【DAZN観戦記】21年第38節:名古屋 0-0 浦和 ~ 天皇杯へ向けて視界良好かな? | トップページ | 三男坊@蒲田 ~ 濃厚タンメン »

2021.12.06

牛ホルモンと豚バラ焼の定食@やよい軒

Hormon2112002

 「やよい軒」が2021年12月2日から期間限定発売中の「牛ホルモンと豚バラ焼の定食(930円)」を試食。これは「がっつり肉でスタミナをつけて寒い冬を乗り越えていただけるよう、牛カットステーキや牛ホルモン、豚バラ肉を熱々の鉄板でご提供する食べ応え抜群な3種の定食」のうちの一つで、他に「牛カットステーキと牛ホルモンと豚バラ焼の定食(1390円)」や「牛カットステーキと豚バラ焼の定食(990円)」も。

Hormon2112001  

 「噛めば噛むほど旨味が溢れる牛ホルモン、厚めにカットした食べ応え抜群の豚バラ肉を豪快に盛り合わせました。」「醤油に味噌を加えた甘めの醤油だれに漬け込んだホルモンと豚バラ肉はそのままでも美味しく召し上がっていただけます。さらに、醤油にニンニクやりんご果汁などを合わせた別添えのコク深い甘めのたれにつけると、肉の旨味が引き立ち、よりごはんが進む味になります。」というのがやよい軒のウリ文句。
 
 豚バラ肉はどこで食べても似たようなもの(「厚めにカットした」というのはどう考えても誇大表示だと思いますが・・・)なのに対し、圧倒的に嬉しいのは牛ホルモン。くにゃくにゃっと妙に弾力のある歯応えが何より楽しい。そもそもご飯のおかずとしてホルモンを食べる機会自体あんまりありませんし。
 
 やよい軒は「そのままでも美味しく召し上がっていただけます」と言うものの、デフォルトだとご飯のおかずにするにはちょっと弱いかな? よってデフォルトの甘目の醤油だれとケンカしないように配合されたタレに浸けるとちょうど良い感じに。またコチュジャンが別途付いてくるので、それで変化を付けるのも良し。
 
 見た目と違ってご飯をおかわりしてちょうど良いくらいのボリューム。松屋の焼肉定食類よりはかなり高いものの、クォリティーはその値段の差だけあると思います。

|

« 【DAZN観戦記】21年第38節:名古屋 0-0 浦和 ~ 天皇杯へ向けて視界良好かな? | トップページ | 三男坊@蒲田 ~ 濃厚タンメン »