« 石井 僚選手 Y.S.C.C.横浜へ育成型期限付き移籍のお知らせ | トップページ | 秀佳樓@川口 ~ 肉うまにセット »

2022.01.01

セアブラノ神 壬生本店@四条大宮 ~ 背脂煮干そば

Seaburakami_mibu001

 嵐電四条大宮駅の西南、高辻通り沿い。駅からは徒歩10分弱程度。マンションの付属施設の一階に立地。先客ゼロ、後客8。

 店内のタッチパネル式券売機を見て基本と思しき「背脂煮干そば(800円)」を注文。ランチサービスなし。麺は中太麺or太麺、チャーシューはレアor煮豚が選べるようなので「太麺&レア」でお願いしました。

 メニューは他にまぜそば、つけ麺など。また往訪時は「イベリコ豚スタミナラーメン」を期間限定で出していました。

 店内は屈曲したカウンター6席と島式カウンター6席、さらに4人卓×1。席間は割とゆったり目。卓上には黒七味、一味、黒ばら海苔、まぜそば用にりんご酢、食べるラー油、刻みニンニク。

Seaburakami_mibu002

 「新潟のご当地ラーメンである燕三条系ラーメンを、当店流にアレンジ。背脂がスープ一面を覆うビジュアルからこってりそうに見えますが、食べるとあっさり。」というのが店のウリ文句。メニューに煮干しを冠しているもののガツンと効かせるタイプではなく、動物系出汁をベースにやり過ぎ感が出ない程度にふんわりと効かせた風。

 背脂がやたら目立つ割には脂っぽくなく、かえしも割と控えめで、首都圏で出てくる「燕三条系」よりは概して良くも悪くもおとなしい気がしました。従って多めに添えられた生の刻み紫玉ねぎの刺激が少々きつすぎて蛇足感が少々。

 麺は幅広の中太縮れ麺でしっかりした噛み応え。後客が「硬め」を頼んでいましたが、個人的にはその必要は全く感じず。

 チャーシューは色合い的にはあんまりレアっぽくないような・・・他に刻み青ネギ、メンマ。途中で黒ばら海苔を加えて見ましたが、磯の香がふわっと立ち上がって実に良い感じに。

|

« 石井 僚選手 Y.S.C.C.横浜へ育成型期限付き移籍のお知らせ | トップページ | 秀佳樓@川口 ~ 肉うまにセット »