« カリガリ牛カレー@吉野家 | トップページ | 木下康介選手、水戸ホーリーホックへ完全移籍 »

2022.01.05

かけはし@松山 ~ じゃこ天うどん

Kakehashi002

 松山駅改札口脇のうどん屋「かけはし」。宇和島の老舗「安岡蒲鉾」の直売店を兼ねたうどん屋で、ここの「じゃこ天うどん(550円)」がワシ的にはお気に入り。昼間だと実演販売している揚げたてのじゃこ天が出てくるはずですが、往訪したのは夕方で実演販売はおしまい。それでも出来上がりには少々待たされました。
 
 なお「かけはし」はかつては一応座席もある程度の立ち食いうどん屋だったはずですが、いつの間にか座席だらけに。壁沿いに、島式に座席がずらずらっと20数席くらい。

Kakehashi001
 じゃこ天は愛媛県の特産品。魚肉のすり身を成形した揚げ物でさつま揚げと似ていますが、さつま揚げよりやや黒っぽくて、味もさま揚げと違って甘くなく、むしろ魚っぽさが残る苦みがほんのり。そしてさつま揚げよりや格段に噛み応えが強い感じでしょうか。
 
 安岡のじゃこ天は、冷凍のすり身は一切使用せず鮮度のよい宇和海で漁獲される「ほたるじゃこ」を主原料とし、「おいひらぎ」「アジ」等近海小魚100%を一匹一匹手作業で丁寧に解体し、昔ながらに石臼で練り上げ菜種油で揚げて作る伝統製法にこだわっているんだとか。
 
 どうしてもじゃこ天メインの取り上げ方になってしまいますが、うどん自体も駅併設のうどん屋としてはかなり美味いほう。讃岐うどん風のコシの強い、つるつるっとした麺、そしてだしが良く効いた汁が楽しめます。やっぱりうどんはこうじゃなくっちゃ! 

Kakehashi003

 気になるのは松山駅は現在高架化工事の真っ最中で、おいおい大きな三角屋根が目立つこの駅舎もなくなってしまうこと。新駅舎にも「かけはし」は引き継がれるのかなぁ??

|

« カリガリ牛カレー@吉野家 | トップページ | 木下康介選手、水戸ホーリーホックへ完全移籍 »