« 魁力屋@蕨 ~ 汁無台湾麺 | トップページ | モヒカンらーめん@試験場前(久留米) »

2022.03.29

博多一双 祇園店@祇園 ~ ラーメン

Issougion001

 福岡市地下鉄祇園駅の南、博多警察署やキャナルシティーへと向かう大通り沿い。近くには飲食店が少ないエリアにポツンと立っています。博多駅裏の本店は約7年半前に往訪済ですが、そちらは大行列店になったと聞いてこちらへ転進した次第。先客5,後客ゾロゾロ。退店時には外待ち4。
 
 店内の券売機で「ラーメン(680円)」と「替え玉(100円)」を麺硬めで注文。
 
 メニューはラーメン一本で、後は味玉とかチャーシュー等のトッピングがあるだけ。ラーメンに白ご飯がついた「Aランチ(730円)」がめっちゃ格安で、しかもランチなのに夜も販売とのこと。
 
 店内は意外に狭く、カウンター3+3席と2人卓×3。卓上には辛子高菜、刻み生姜、ラーメンのたれ、白ゴマ、胡椒、餃子のタレ、ラー油。


Issougion002  

 スープは「国産子豚の骨だけを使い、高い火力で長時間3つの寸胴で炊き上げた豚骨スープは濃厚でクリーミー」というのが店のウリ文句。なんでも「表面浮かぶ豚骨スープから生まれた泡は『豚骨カプチーノ』と呼ばれている」んだとか。
 
 それはともかく店内に漂う強烈な豚骨臭から察しがつくように、とろみがかった&すこしざらつきも感じられるスープはとにかく豚骨の旨味が充満!! 濃厚だがしょっぱくはないのでぐいぐい飲めます。底にざらついた何かが溜まりがちなので、時々かき混ぜながら食べるのが吉。

 スープがややぬるめに感じられましたが、これはスープの美味さを最大限に引き出すためにあえてそうしてあるのかなぁ?普段はこれで何の差し支えもありませんが、厳冬期には難点に転じるかも。
 
 麺は細麺ストレートタイプ。硬めでも心持ち硬いかな?といった程度の仕上がり。量は明らかに替え玉前提レベル。なお替え玉はボウルで登場。

 具はばら肉チャーシュー、きくらげ、刻み青ネギ、海苔と標準的&シンプルなもの。

 文句なしの一杯。おまけに安い。いやはや恐れ入りました。

|

« 魁力屋@蕨 ~ 汁無台湾麺 | トップページ | モヒカンらーめん@試験場前(久留米) »