« 【観戦記】22年第5節:浦和 4-1 磐田 ~ 北欧三銃士、いきなり揃い踏みや!!! | トップページ | 極・黒胡椒からあげ定食@からやま »

2022.03.20

吉岡@田端 ~ 濃厚魚介ラーメン

Yoshioka2201002

 田端駅北口改札を出て陸橋を東へ。東田端郵便局の裏辺り。尾久へと延びる東北本線に挟まれた雑然とした一角に立地。目白の「わたみん家」のランチタイムに間借り営業している「自家製熟成麺 吉岡」の支店で7ヶ月ぶりの再訪。先客ゼロ、後客1。

 スープが曜日替わりというコンセプトは変わっておらず、「水:マイルド魚介、木金:濃厚鶏豚、土:濃厚魚介、日火:竹岡式」という構成で、往訪した日は「濃厚魚介」の日でした。また各メニューとも麺は打ち立て麺と熟成麺が選べるので、「熟成麺・並(850円)」を注文。前回往訪時より30円値上げ。ランチサービスはなし。

 メニューは他に塩ワンタン麺、つけめん、塩ワンタンつけ麺など。前回往訪時にあった「黄金の塩ラーメン」は見当たらず。

 店内は厨房に向かってL字型カウンター4席(コロナ対策で大幅減席中)と2人卓×1、4人卓×1。水セルフ。卓上には酢にんにく、一味、醤油、ラー油、胡椒。

Yoshioka2201001

 かなりとろみ強めのスープは「濃厚魚介」と称しているものの魚介が強く出たタイプではなく、動物系出汁と魚介系出汁を合わせたものでどちらかといえば動物系が前に出た感じ。魚粉等のざらつきは感じません。ちょっと放置すると表面にすぐ油膜が出来るくらいのコッテリ系なのはともかく、かえしがきつくてせっかくの濃厚な出汁の旨味を損なっているような気がしました。、
 
 麺は自家製の中細ストレート麺。水気少なめで、かついかにも密度が高そうな実に力強い麺なので、スープに対して全く負けていません。前回試食時は並でも220gと割と多めだったのですが、今はそんなにあるかなぁ???

 チャーシューは薄め。他にメンマ、刻みネギ、海苔。

 券売機に「仕入れ高騰のためナルトをやめた」と大書してあって色々と大変そうですが、値段の割に具がしょぼい等コスパがだんだん悪くなっている感は否めず。このエリアはこれといったラーメン屋がないだけに頑張って欲しいものです。

|

« 【観戦記】22年第5節:浦和 4-1 磐田 ~ 北欧三銃士、いきなり揃い踏みや!!! | トップページ | 極・黒胡椒からあげ定食@からやま »