« トマトカレーうどん@丸亀製麺アリオ川口店 | トップページ | 吉岡@田端 ~ 濃厚魚介ラーメン »

2022.03.20

【観戦記】22年第5節:浦和 4-1 磐田 ~ 北欧三銃士、いきなり揃い踏みや!!!

 ユンカースタメン起用の効果は絶大で、浦和は試合開始早々から磐田を圧倒。その内容に見合った形で得点を着々と積み上げ、後半は新加入モーベルグが名刺代わりにいきなり一発!!久しぶりに痛快極まりない試合でした。

《スタメン》

・浦和は前節鳥栖戦から岩波→犬飼、明本→ユンカーとスタメン2枚入れ替え。鳥栖戦は全くいいところなく、今季初めて「負けるべくして負けた」試合だったのでスタメンを大きく弄ってくると予想しましたが、失点が多い訳でもないのにCBを代えるのは予想外でした。

・そして今月ようやく来日したモーベルクが待望のベンチ入り。

・磐田は前節G大阪戦から、契約上出場できない杉本に代えてジャーメインがスタメンに入っただけ。一応火曜日にルヴァン杯を消化しての中3日ですが、ルヴァン杯ではフルターンオーバーで臨んでいたので実害はあまりなさげ。

Yunker

《試合展開》

・浦和の布陣は基本4-2-3-1ですが、攻撃時は小泉が中に絞る代わりに酒井がしばしば極端に高いポジションを取って関根・ユンカー・酒井の3トップ気味になり、かつ岩尾がショルツと犬飼の間で最終ラインに下がる4-3-3ないし大畑がやや前に出た3-4-3の形を取っていたのが特徴的でした。ショルツなんて見ようによってはほぼ右SBのポジションでしたし。

・一方磐田はいつもの3-4-2-1。

・磐田は前節の鳥栖とは対照的にあまり前からプレッシャーをかけて来ず、早々と5-4-1でリトリート主体の構えを見せたため、立ち上がりから浦和が一方的にボールを支配して磐田を自陣に押し込む試合展開となりました。

・そして7分酒井を超高い位置に押し出す形が早くも奏功してショルツ→小泉→酒井と縦パスを繋ぎ、酒井クロス→ユンカーシュートの決定機を作りましたが、ここはGK三浦が辛うじてセーブ。

・しかし、そこで得た岩尾CKをニアで犬飼が叩き込んで早々と浦和先制! 犬飼が不思議なくらいどフリーでしたが、解説城福の見立てでは伊藤がショートコーナーを受けるかのように前に動いたのが効いているのではないかとのこと

・さらに11分プレスをかけに来た江坂をCB大井が交わそうとして失敗(爆笑)。超高い位置でボールを奪った江坂はすかさずユンカーに横パス。ユンカーのシュートはいったんGKに阻まれたものの、こぼれ玉にすかさず反応して妙技でDFやGKを交わしてボールをゴールへ捻じ込んで追加点!!GKにぶつけて「あーーー!!」と天を仰ぐだけの奴と、こぼれ玉にすかさず反応するユンカーとの違い!!!

・ところが14分関根が左サイド深い位置で右WB鈴木のユニフォームを引っ張って止めたのを咎められたのか、やや不用意な形でファウルを取られたのが仇に。遠藤FKをファーでどフリーの鈴木にヘッドで叩き込まれてしまいました。鈴木の位置にはもともと関根がいたのですが、関根はなぜか挙動不審で肝心なところで自分の前にいた森岡へ競りに行ってかぶってしまう大失態(つД`)

・しかし、前半の磐田の見せ場はこれだけ。試合の流れが変わってしまうことは全くなく、その後も浦和が一方的に攻勢。磐田がボールを握っている時間帯もそれなりにあるものの、概して浦和の前プレに阻害されてビルドアップはまままらず。22分小泉スルーパス→ユンカーの決定機はまたしてもGK三浦に阻まれてしまいましたが、江坂前プレに始まるこの場面は磐田がビルドアップに苦しんでいたことの象徴でしょう。

・浦和が守備時4-4-2になるのはいつものことですが、両SHが中へ絞り気味だったのが不思議。この点については試合後質問が飛んでいましたが、リカは「前半に関しては、狙いははっきりできたと思います。」と答えるだけでその狙いは何なのか判然とせず。

・32分には前プレがハマり、CB森岡の苦し紛れのクリアをカットした関根がそのままアーク付近へ持ち込んでシュートを放つもGK正面。

・35分カウンターのチャンスで関根縦パス→ユンカーがヒールで落としたところで伊藤がボックス内突入。大井がスライディングで阻止しようとしたところでハンドを犯してPKに。そしてPKキッカーはなんとショルツ。ショルツはGKの動きを読み、かつスピードのあるボールをぶちこんで3点目。ショルツがPKを蹴るのは事前に決まっていたそうで、道理で自信満々なはず。

・45分には深い位置から岩尾のロングフィードが超高い位置にいる酒井へ通り、酒井がユンカーへ折り返すパターンが再現。クロスはわずかにユンカーに合わなかったものの、こぼれ玉を拾った関根はどフリー。しかし、関根はここでまさかの宇宙開発事業団。前半終了間際にも伊藤のスルーパスから関根が左サイドからボックス内へ突入する決定機がありましたが、ここはシュートをGKにぶち当ててしまいました。

・リカは後半頭からユンカー→明本、関根→モーベルクと2枚替え。グロインペイン症候群に苦しむユンカーは試合前リカが「長過ぎる時間プレーをさせて離脱することだけは避けたいと思っていますので、段階的に時間を増やしていきたいと思っています」と語っている状況なので予定通りの交代なのでしょうが、ベンチ入りを果たしたばかりで、試合前リカが「来日して間もないので、さらにコンディションを上げなければいけません」と語っていたモーベルクを後半頭からいきなり投入したのはとにかくびっくり!!

・そしてモーベルクがボールを持つたびに、「こいつなんか持ってるぞ!!!」と言わんばかりにスタジアムからどよめきが起こっていましたが、モーベルクはその期待を寸分も裏切らず48分いきなり一人で出来た!! 敵陣でのルーズボールの競り合いを制したモーベルクは磐田守備陣3人に囲まれながらも全く苦にする風もなく、コンパクトな足の振り&やや意表を突くタイミングでシュートを放ち、これにはGK三浦もどうにもならず。

・モーベルグは典型的なサイドアタッカーのようで、その攻撃力を最大限に活かすべく浦和は酒井を高い位置に押し出す作戦を封印。その関係か、前半とはショルツと犬飼の左右も入れ替わっていました。

・前半さっぱりだった磐田は後半頭から大井→ゴンザレスと代えて4バック(ゴンザレス&大津の2トップ?)とし、かつ前半とは一変してかなり強く前からプレスをかけてきましたが、悲しいくらいにその前プレは浦和に交わされてどうにもならず。

・55分には江坂スルーパス→伊藤右サイドからクロス→ボックス内で明本に合ったものの、明本が倒れ込みながら放ったシュートは枠外。

・磐田は59分3枚替えを敢行してはっきりとしたゴンザレス1トップの4-2-3-1に転じるもなおも浦和の攻勢は続き、63分浦和が右サイドハーフライン付近でボールを奪ってカウンターに転じ、モーベルクが単騎ボックス内突入して左足一閃もまたまたGK三浦が好セーブ。

・そして浦和の攻勢もここまで。53分早めに酒井を下げて馬渡を入れたのはともかく、66分大畑に代えて大久保を入れた辺りから急激に浦和もグダグダに。急激に激しくなった雨で集中が切れたかのように71分岩尾の横パスがゴンザレスを直撃するヒヤリ案件があり、さらに75分犬飼縦パスを受けようとした岩尾が山本康に絡まれてボールロスト。しかし、山本康→ゴンザレスのシュートはわずかに枠を逸れて命拾い。続くCKからの流れで山本康のミドルシュートが枠内を襲うものの西川が好セーブ。

・77分ミスが相次いだ岩尾に代えて柴戸を投入するも柴戸の出来も芳しくなく、川崎戦の失態を髣髴させるような簡単に相手に入れ替わられる場面も。攻めては79分ハーフライン付近でのルーズボールを拾おうとしたCB伊藤槙の緩慢な動きを咎めた江坂が上手くボールを奪取してGKと一対一になったところまでは良かったものの、シュートはまたまたまた三浦がビッグセーブ!!

・後半半ば以降の浦和は天皇杯初戦にありがちな、いかにも「急造チームでやっています」風になってしまって攻守ともさっぱり。左SBに下がったはずの明本が盛んに攻め上がるものの全く効果的ではなく、仕方なく左SBに入っている大久保の良さを消すだけの結果に。モーベルクもさすがに45分使うのは無理なようで最後は電池切れ。

・リカは試合後、後半に「ボールロストの回数が少し増えてしまった」「プレーの正確性も落ちてきて、プレーの連続性がなくなってしまった」ことについて「チームは40日間でこれだけの連戦を一生懸命戦ってきたので、それは致し方ないところだ」と選手を庇ってはいましたが・・・ とはいえ、くだらない失点を喫することはなくそのまま試合終了。

Syore

《総評》

・終盤グダグダになってしまって画竜点睛を欠いた感が無きにしも非ずですが、なんだかんだとスコア通りの浦和の圧勝。GK三浦の奮戦がなかったらもう2、3点差ついていても不思議はないくらいの圧勝で、今季肝心なところで点が取れずに苦しんでいたのが嘘のようなゴールラッシュでした。

・三浦の奮戦があったとはいえ再三の決定機逸に象徴されるようにユンカー自身の出来は本調子にはほど遠い感じでしたが、それでも「点を取るとはこういうことだ!!!」と言わんばかりの妙技を披露したゴールは圧巻でした。そしてユンカーがCFにいると浦和の選手達がユンカーを信じて迷いなくゴールへ向かっている様が実に美しい。ユンカーがいるだけでボールを保持するための保持ではなく、相手ゴールを陥れるためのボール保持に転化するのが実に面白い。前半顕著だった「酒井押し上げ作戦」なんてユンカーの存在を前提にリカが仕込みに仕込んだのでしょう。

・その結果、アホほど決定機を量産した割には浦和のボール保持率は前半ですら磐田を少し上回るだけ。

・また犬飼のスタメン起用も大当たり。初スタメンだった京都戦ではファーストタッチでやらかすなど不安定な出来に終わって、その後はせいぜい終盤に短時間出るだけに留まっていましたが、犬飼は久しぶりに掴んだチャンスをものの見事に活かしました。

・自陣深い位置で短いパスを繋ぎまくる能力は明らかに岩波より上。相手に強くプレスをかけられた際に岩波は高精度のロングフィードでそのプレスを逆用する技をもっていますが、そのような一発裏返し攻撃は岩尾が最終ラインに下がることでも繰り出し可能なのでビルドアップが上手い犬飼のほうがどう見てもリカの好みかと。さらに犬飼はセットプレーでの得点能力が高いというのも噂通りでした。

・さらに衝撃のデビューを果たしたモーベルクの出来がこれまた圧巻。ポンテのデビュー戦を彷彿させる「本物が来た!」感がハンパありませんでした。浦和で100%個人技によるゴールって久しぶりに見たかも。あれを見せられると相手DFがわらわらモーベルクに引き寄せられて他の選手が空くこともあるでしょうし、今後が楽しみです。タッチ際に張り勝ちっぽいので酒井との相性は良くないかもしれませんが。

・一方磐田の出来はさっぱり。プレス強度はもちろん、ボールを繋ぐ能力も今日の磐田は鳥栖に遠く及ばなかった印象。ロングボール一発で浦和の前プレを回避しようにも、CFがJ1レベルにないジャーメインではどうにもならんかったのでしょうけど。杉本不在が実に惜しまれます(苦笑)。

Moyan

《選手評等》

・53分に酒井を早々と下げたことに象徴されるように、点差がついたところでこれまで使い詰めだった選手を順次下げるのは良いとしても、前目で最も出場時間が長い江坂だけは替えがいなかったのには全米が泣いた(つД`)

・そしてその酒井はお疲れで下げたのではなく、なんと故障していたことが試合後判明!! 3/24&3/29に予定されていたカタールW杯アジア最終予選も辞退となってしまいました。前半終了時に傷んで座り込んでいたものの、後半ちょこっと出場したくらいなので重傷ではないと思いますが・・・酒井は東京五輪出場後、いきなり浦和でもA代表でもフル稼働。心底どーでもいい親善試合にまで呼ばれて全く休みがありませんでしたから、この小破による欠場をちょうど良い休養期間として前向きに捉えられると良いのですが。

・鳥栖にはガツガツ当たられまくって散々な出来だった小泉がこの試合では実に活き活き。リカの事前の仕込みがよほど当たったのでしょうが、あれほど小泉をフリーにしてしまうチームって久しぶりに見たような・・・

・とうとうベンチ外になってしまった松崎。松崎はホームデビューのG大阪戦でいきなり点を取りましたが、その後の出来がさっぱりでベンチメンバーとしても大久保に序列を抜かれ、モーベルク加入でベンチ外になったみたいで。これは真っ当な競争の結果なので仕方ありません。この試合で久しぶりにスタメン起用された犬飼が好例なように、リカは普段の練習の様子をちゃんと見て、良ければ機会を与えてくれる監督なので、松崎もまたチャンスをもらえるように頑張れ!

・さらに言えばモーベルクが90分出来るコンディションが整うまでSHの選手はなんだかんだと交代出場の機会があるでしょうから、その間に何を出来るかが勝負。残念ながら松崎は出場機会を得ているうちにインパクトを残せませんでしたが、怪我明けの大久保、そして松尾はどうかな? 今日の出来だと関根も安穏とはしていられないと思います。

《モーベルクのチャント案》

そよ風きらめくこの街に 今日も笑顔が響きあう
巡り会えた 太陽の贈り物
浦和のモーベルグ 浦和にモーベルグ
Just for your life
木漏れ日やさしいこの街に 今日もはじける 小さな出会い
夢広がる 新しい物語
浦和のモーベルグ 浦和にモーベルグ

 

Urawa_20220320100101

-----ユンカー-----
関根---江坂---小泉
---伊藤--岩尾---
大畑-犬飼--ショルツ-酒井
-----西川-----

(得点)
8分 犬飼 智也
11分 ユンカー
37分 ショルツ
48分 モーベルグ


(交代)
HT ユンカー→明本
HT 関根→モーベルグ
53分 酒井→馬渡
66分 大畑→大久保
77分 岩尾→柴戸

Iwata

-----ジャメイン----
--大津----大森--
松本-遠藤-山本康-鈴木
-森岡--大井--伊藤-
-----三浦-----

(得点)
14分 鈴木

(交代)
HT 大井→ゴンザレス
58分 大森→黒川
58分 大津→上原
58分 ジャーメイン→小川
76分 遠藤→袴田

 

|

« トマトカレーうどん@丸亀製麺アリオ川口店 | トップページ | 吉岡@田端 ~ 濃厚魚介ラーメン »