« 笑樂 博多駅店@博多 ~ もつ鍋定食 | トップページ | 【観戦記】22年第6節:札幌 1-1 浦和 ~ うーん、またしても勝てる試合を勝ち切れず »

2022.04.03

金太@川口芝 ~ 熟成ランチ

Kinta2203003

 産業道路「芝宮根」交差点の北。最寄り駅は一応蕨ですが、かなり距離があります。ほぼ2年ぶりの再訪。先客、後客ともゼロ。

 店内の券売機を見ると、店お勧めは「熟成鶏そば(780円)」で、それに「本日のまかない飯」が付いた「熟成ランチ(950円)」を注文。往訪時の「本日のまかない飯」は「丸鶏スープのカレー丼 or ローストポーク丼」で、ローストポーク丼を選択。でも前回往訪時の「本日のまかない飯」も同内容だったので日替わりではないのかも。なお「熟成鶏そば」は醤油か塩を選べるそうなので、醤油にしました。

 他にメニューは鶏そば(醤油・塩)、蟹つけ麺、金太のまぜそば、渡りガニつけ麺(20食限定)。また往訪時は期間限定で「味噌ラーメン」を販売していました。さらにどういうわけか「揚げパン」も販売。

 店内はL字型カウンター8席と2人卓×2。但し、カウンター席は一席置きにしか座れないように配慮。卓上にはブラックペッパー、醤油、酢、自家製の「食べるラー油」。店はご夫婦で切り盛りしているのかな?

Kinta2203002

 とろみが強めのスープは「赤鶏の丸鶏、モミジ、ぼんじりを長時間煮込んだ鶏白湯に羅臼昆布、焼きアゴ、フランス産ゲランド塩を使った塩ダレを合わせた」とのこと。よく言えば鶏白湯の旨味が前面に出まくった、悪く言えば鶏臭さが少々残る一杯です。「醤油」が若干うるさいというか味が濃すぎるきらいがなくもないので、「塩」のほうがベターだったかも。
 
 麺は中細ストレートタイプ。若干硬めの仕上がりで、しっかりした噛み応えがあってまずまず。

 具は超淡白な鶏チャーシューが3枚と小さな鶏団子、さらに青菜、白髪ネギ。

 店では「食べるラー油」を勧めていましたが、前回ラー油の脂臭さがシンプルな鶏白湯スープの旨味を欠き消してしまう感じだったので今回は割愛。というか、デフォルトのスープの出来が良く、飽きも来ないので特に味変の必要はないかと。

Kinta2203001

 「ローストポーク丼」は薄くて柔らかくて赤みが強いハム状で、これ自体は割と淡白な味わいですが、ウズラ卵に添えられた和風寄りのタレが絶品で、サイドメニューとしては上々の出来。
 
 「ランチセット」には替玉サービスも付くようですが、さすがに替玉には手が伸びず。というか、このスープに替え玉は不向きかと。

 次は「まぜそば」を試してみます。

|

« 笑樂 博多駅店@博多 ~ もつ鍋定食 | トップページ | 【観戦記】22年第6節:札幌 1-1 浦和 ~ うーん、またしても勝てる試合を勝ち切れず »