« はな火屋@新宿 ~ 醤油らーめん | トップページ | みそ家@長野 ~ 味噌らぁめん »

2022.04.28

【DAZN観戦記】ACL2022 GS MD5:浦和 6-0 ライオンシティ ~ ケチャップ、ドバドバでGS突破!!

 大量得点での勝利&イエローも怪我人もなしという100点満点の試合で、なんだかんだと無事グループステージ突破確定!!

《スタメン》

・浦和は彩艶→西川、酒井→馬渡、伊藤→平野。江坂→小泉とスタメン4名入れ替え。このタイミングでGKを代えたのはびっくり!!また前節出場停止の岩尾はスタメンではなくベンチスタートになり、大邱戦終盤に出場して数少ない光明だった平野と序列が入れ替わった格好に。

・なお岩尾は試合前日の記者会見に出席しながらもスタメンではないという珍しい形になりましたが、同じようなことはライオンシティとの初戦で西川も経験しており、この辺はリカらしくない情報戦の類なのかどうか。

・前節終盤に小破した酒井はともかく、前節ベンチ外だったユンカーが引き続きベンチ外なのにもびっくり。ユンカーは大邱との初戦で指を負傷したのが響いているのかも。また大畑も大邱との第2戦で味方同士が衝突して傷んだ影響かも。

・ライオンシティはキム・シンウク、ディエゴ・ロペス、レスティエンヌといったところは揃ってベンチスタート。この辺の意図は不明ですが、試合内容&結果からするとライオンシティは直接対決で圧倒的に不利な浦和戦を捨てて、直接対決の結果で圧倒的に優位に立つ最後の大邱戦で2位通過を狙っているのかも。

Nicene3

《試合展開》

・前回対戦ではライオンシティは当初4-4-2の布陣で臨んで松尾に右サイドをボコボコにされ、後半5-4-1に布陣を変更してからゲームが落ち着いたという経験もあり、今回はハナから5-4-1。しかも前からたいしてプレッシャーをかけて来ず、自陣で専守防衛。浦和相手に2試合無失点で終えた大邱の戦いぶりも参考になったことでしょう。

・ところが浦和も浦和で大邱との2試合で5-4-1攻略の糸口を掴んだようで、2戦目のやり方=右サイド大外でぽつんと張っているモーベルグの破壊力を最大限に活用する手に打って出ました。

・具体的には攻撃時はCHの片方を最終ラインに下げる一方、両SB(特に馬渡)を高く押し上げ、左サイドに人数をかけて相手守備陣をそちらへ引き寄せてから右サイド大外のモーベルグへ大きく展開する、あるいは岩波から一気にモーべルグに大きく展開しての攻撃が目立ちました。そしてモーべルグが独力でそのまま右サイドを突破することもあれば、大外でモーベルグがタメて中を馬渡に突破させることも。

・試合開始早々岩波サイドチェンジ→モーベルグが右サイド深い位置からボールを下げて馬渡クロス→小泉へっぽこシュート、8分馬渡縦パス→モーベルグクロス→シャルク残念すぎるヘッド、11分岩波サイドチェンジ→モーベルグクロス→小泉撃てずとフィニッシュが浦和仕様すぎるアレながらも早速良い形を連発。

・そして14分モーベルグのスルーパスで馬渡が裏抜けに成功。馬渡のシュートは威力こそあったものの、どう見てもGK直撃コース。どころかこれをGKがキャッチも弾くことも出来ずにボールはゴールマウスの中へ。やや珍妙な形でしたが、何はともあれ浦和先制。

・その後15分小泉スルーパス→モーベルグ優しく中へ折り返し→シャルク不規則にバウンドするボールを合わせきれず、17分ショルツ縦パス→小泉がアーク付近でクルクル旋回してスルーパス→ボックス内で関根がシュートを放つもGKセーブ、19分センターライン付近からのショートカウンターでシャルクがボールを持ち運んでモーベルグへ展開→モーベルグは右足シュートに自信がないのかシャルクへ折り返したのが仇に、36分関根スルーパス→モーベルグが置きにいったようなシュートをGKセーブと、決定機はアホほど作るのにどうしても1点が取れないという浦和お馴染みのコースに。

・ところが39分ペナルティーエリアのわずかに外、左寄りの位置でボールを持ったシャルクが混戦でボールコントロールに苦労しながらわずかな隙間を突いて強引にミドルシュート!!これがGKのニアを破って見事にゴールマウスをこじ開け!!なんで組織的にきっちり崩した形では点が入らず、全く崩していないのに点が入ってしまうのか(苦笑)。

・浦和はボールを失っても攻守の切り替えが早くてライオンシティには全く何もやらせず。ライオンシティはなぜかハーフタイムを待たず、前半ATに切り札のキム・シンウク&ディエゴ・ロペスを投入。

・浦和は前節フルタイム出場だったモーベルグの疲労の色が濃かったものの、2点リードではまだまだ安心できないとばかりにハーフタイムでの選手交代はなし。そして48分小泉スルーパス→シャルクの決定機は決められなかったが、そこからの連続攻撃で小泉クロス→ファーでモーベルグヘッドが炸裂して3点目。

・さらに52分関根スルーパス→小泉が左足でGKのニアをぶち抜いて4点目。この場面GKの重心が完全にファーに寄っているのが不思議と言えば不思議でしたが、普段決定機でなかなかシュートを撃たない小泉には珍しいファインゴールでした。

・既に事実上試合が決しているにも関わらず、キム・ドフン監督はなぜかとって置きのレスティエンヌをここで投入。リカはリカで59分になってようやくモーベルグ&シャルクをお疲れ様とばかりに下げて松崎&松尾を投入。

・松尾は一応CFとして投入されたようですが、当然ながら最前線に張っている訳ではなくで事実上ゼロトップ状態。あるいは小泉と並んでの2トップ状態。いずれにせよ、最終的には自慢のスピードを活かして相手最終ライン裏へ抜け出ることを意図して投入された模様で、62分にはその狙い通りに関根のスルーパスで裏抜けに成功し、5点目をゲット!! ライオンシティから見れば松尾はもはや悪魔か何かでしょうなぁ、たぶん。

・リカは68分平野→岩尾、関根→大久保と交代。ここまでごっそり主力を外してしまうとさすがに浦和の攻撃も停滞気味に。そしてあろうことか松崎が個人アピールに走ってボックス内で撃ち切れずにボールロスト。そこからロングカウンターを食らって左サイドからレスティエンヌがクロス→キム・シンウクがどフリーでヘッドとライオンシティ必殺の形を作られてしまいましたが、ここまで守備機会がほとんどなかった西川は集中を切らさずにビッグセーブ!!

・途中投入の大久保も松崎同様良いところがなく、83分左サイドから単騎カットインしてアーク付近でほぼフリーになったにも関わらず、シュートは宇宙開発事業団。終了間際には松尾スルーパス→ボックス内で小泉折り返し→大久保どフリーなのにまたもや小型ロケットを打ち上げる内之浦宇宙空間観測所状態。

・そんなサイドアタッカーのライバル達を尻目に松尾は90分相手のクリアミスをボックス内で拾った松尾がGKを交わして6点目。最低限ライオンシティに勝つ。出来れば大量得点で勝つ。さらに言えばイエローカードや怪我人を出さすに勝つ。そんな諸々のタスクを完遂してのパーフェクトゲームでした。

Nicene4

《総評》

・浦和がライオンシティに勝ち、同日大邱が山東に勝ったことで浦和と大邱が勝ち点10で並び、直接対戦結果で浦和より優位の大邱が5試合終了時点で首位に。しかし大邱は最終節にライオンシティ戦を残していて、ライオンシティに負けると3位に転落する可能性があり、現時点で2位の浦和が先にグループステージ突破が決まった模様。

・なにせ上海海港の出場辞退を受けて「4チームの組では最下位になったチームとの対戦成績を除外して2位チームの成績を比較する」というレギュレーションがグループステージ突破の条件をややこしくしています。浦和は2位以上が確定しているとはいえ、もはや自力で首位通過の可能性はなく、最終節山東戦に勝って大邱がライオンシティ相手に再度やらかすのを待つのみ。

・ラウンド16は中立地での一発勝負なので、他力本願状態ながらも一縷の望みをかけて首位通過に拘る必要もあまり感じられず、最終節は普段のベンチメンバーだらけで臨む可能性が高いと思います。よって今年ここまで出場機会がない牲川・工藤・木原の出番があるかも。ベンチ組にとって山東戦は絶好のアピールの場です。一方主力はリーグ戦へ向けてコンディションを整えるのが優先課題でしょう。最終節を待たずにグループステージ突破が決まったのはその点でも実に有意義。

・またライオンシティは大邱より守備強度が格段に落ちるのは確か(その割にはプレーの汚さはたいして変わらんか・・・)なので過大評価は禁物ですが、大邱戦よりも決定機の数というか質、「なんでそれが決まらんのか????」と不思議で仕方がないレベルの決定機を量産できたのは進歩といえば進歩でしょう。

・なお、この試合とは直接関係ありませんが、試合前日の記者会見で岩尾が「昨季見ていたゲーム展開では、縦にアグレッシブなスピード感のあるサッカーを展開していたイメージがあります。それはリカルド監督が志向するサッカーと多少ずれがあるように感じますが、今いる選手たちで勝利、ゴールに近づく方法はそういった形だということも学ばせていただきました。ここでゴールや勝利が求められる中で、ピッチに立つときには、自分が今の組織内でできる役割をしっかりと整理することが必要だと理解しています。今はそちらの方が勝つ確率が高いのではないかと思います」と語っていたのが気になったので、それについて思うことを記しておきます。

・浦和は徳島より補強が容易な反面、徳島ほど時間を与えてもらえない。昨年来リカがユンカーとか江坂とかがやりやすいサッカーで結果を出すことを優先していたら、徳島でリカがやっていたサッカーとは随分違うものになってしまい、遅れてやって来た岩尾が浦島太郎状態なんでしょう。もう時計は戻らない。そしてそのことに遅まきながら岩尾が気づいたのだと思います。

・浦和はミシャ時代のような監督のリクエストに応じて選手を集める方式をやめて、監督の意見は聞くが基本はフロント主導で選手を揃える方式に変わっています。だから西野TDが採った選手はリカが徳島でやってたスタイルにぴったり合うとは限りませんし、西野TDも別に徳島スタイルそのまんまをやりたいとは思ってないかも。

・だから今の浦和のスタイルが徳島でリカがやっていたスタイルとは違うのは当然といえば当然。リカが徳島スタイルしか出来ない、そのスタイルに選手を無理矢理はめる系だったら西野はたぶんリカを採ってないと思います。リカがある程度器用に、リアリスティックにやってくれると踏んで西野TDはリカを選び、リカに全幅の信頼を寄せているのでしょう。そしてリカは実際そんな感じで仕事をしています。リカが本当にやりたいこととは多少違っていたとしても。

《選手評等》

平野のズバズバ縦パス!!!これや、これを待ってたんや!!! そしてその縦パスを受けた小泉が前目で久しぶりにクルクル旋回!! この二人が何より良かった。特に平野は今季の浦和に決定的に欠けていたものが何だったのかを可視化してくれた感じ。

・上記の岩尾の話に即していえば、平野は浦和でのリカ流しか知らないから、徳島でのリカ流しか知らない岩尾より迷いがなくて使いやすいのは当たり前。故障明けの平野がACLで岩尾からいきなりスタメンを奪回し、後は岩尾が浦和でのリカ流にどう馴染んでゆくかが問われることになるでしょう。

・シャルクの習熟運転が実戦で出来たのも収穫。でもあんなに決定機を外しに外し、フツー決まらんものを決めるとはなぁ(苦笑) でも大邱戦ではそんなに決定機に絡めなかったシャルクがこの試合では決定機にやたら絡むところまでは習熟が進んだから今日はまあええか。

・モーベルグとの相性はおそらく酒井よりも馬渡のほうが良さげ。特に攻撃面で。この試合みたいに勝利以外に意味がない試合ならなおさら馬渡は使いやすかったかと。

・5試合連続でスタメンのショルツは明日からプーケットでリラックスしてても誰も文句言わんでしょう・・・

・坪井の解説はなんといっても声が落ち着いているのが良い。聞いていて一切不快感がない。もうACLはずっと坪井でお願いしたい。夜中にキンキンうるさいのはもう勘弁や!!

-----シャルク-----
関根---小泉--モベルグ
---柴戸--平野---
明本-岩波--ショルツ-馬渡
-----西川-----

(交代)
14分 馬渡
39分 シャルク
48分 モーベルグ
52分 小泉
62分 松尾
90分 松尾

(交代)
59分 モーベルグ→松崎
59分 シャルク→松尾
68分 平野→岩尾
68分 関根→大久保
81分 馬渡→宮本

 

|

« はな火屋@新宿 ~ 醤油らーめん | トップページ | みそ家@長野 ~ 味噌らぁめん »